関西御苗場2018 Wonder Foto Day賞
受賞者インタビュー<Chika Usui>


2018年9月14日(金)~9月16日(日)までの3日間、大阪・海岸通りCASOにて開催された日本最大級の写真展イベント「御苗場」。100名以上の写真好きによる個性豊かな展示のなかから選ばれた、作品を紹介します。

本記事で紹介するのは、房彥文 Fang Yen Wenさんが選出した、Wonder Foto Day賞受賞、Chika Usuiさんの作品です。

Chika Usui 『わたし かかし をかし』

房彥文 Fang Yen Wen 選出(Wonder Foto Dayキュレーター) 選出理由

演出されたドラマのようで、作品が全体的に面白かったです。楽しいし、笑える写真でした。
不思議な雰囲気もあります。展示もブックもとてもよかったです。

ただ、コンセプトが少しまだ弱いので、もう少ししっかりと文章で説明できると、もっといい作品になったと思います。これからに期待していますので、頑張ってください。

Chika Usuiさんインタビュー

作品のテーマ、コンセプトを教えてください

今回のテーマはかかしの村から連れてきた友達のチナツちゃんとの”ロマン紀行”を撮りました。わたしとかかしの外見と内面がシンクロする「いとをかしなパラレルワールド」を表現しています。

この作品で一番伝えたいことはなんですか?

クスっと笑えて面白い!ということです。なにこれ?どこ?だれ?人形?なにやってるの?なんでもいいけど、見てくれた人が少しでも楽しい気持ちになってくれたらいいなと思っています。

この作品を撮影することになったきっかけを教えてください

当時はまだお付き合いの段階だった現在の夫と徳島へ旅行へ行ったことがきっかけでした。たまたま訪れたかかし村に興味を持ち撮り始めました。

作品をつくる上で苦労したことはありますか?

かかしとその周りの風景に溶け込みたい!と思っているのでその場に合わせての衣装や髪型などの作り込みには一苦労です。

また、ロケハンをして自分の写真への熱意を伝えて施設の人に撮影許可を撮るのも大変なことのひとつではありますが、色んなジャンルの方と知り合えるのでのコミュニケーションを楽しみながら創作活動を行っています。

作品に対する熱い思いを語ってください!

写真に写るかかし、変装しているわたし、その雰囲気でおもしろい!と思ってもらえるのももちろん嬉しいですが、注目して見ていただきたいのは私の「スン顔」です。
これはこだわっている所のひとつでもありますが、スン顔の目線・表情がキマらないと何度でも撮り直します!

また、愛嬌たっぷりのかかしの裏側には村の過疎化という社会問題があり、楽しいこと面白いことが大好きな私にもネガティブな一面がある。そういった、等身大のかかしとわたしを表現しているところにも注目してほしいです。 
 

今後目指していることなどあれば教えてください。

今回、Wonder Foto Day賞を頂いたので先ずは来年春のWonder Foto Dayでの成功を目指したいです!そして夢はかかし写真集の出版!

Chika Usui

1988年、福岡県生まれ。小学6年生の時、パラリンピックの映像をテレビで見て感動、将来は義肢装具士になると決める。義肢装具士を目指し専門学校へ入学。アルバイト代を貯め、一眼レフカメラを買う。2010年、義肢装具士国家資格取得、地元北九州にて義肢装具士として働き始める。2017年、日本写真映像専門学校 フォトファイン学科卒業。2018年11月より写真家である夫とともに見聞を広めるべく東南アジアを一周。現在は主婦業の傍ら写真創作活動を続けている。

作家応援プロジェクトについて

関西御苗場2018・レビュアー賞受賞者には「作家応援プロジェクト」参加権利が与えられます。

2018年3月に横浜で開催された御苗場2018と、関西御苗場2018でのレビュアー賞受賞者の中から、選ばれた「年間最優秀者」1名に、100万円を上限として希望するカメラ、レンズの提供をさせていただきます。

他の受賞者インタビューを読む

>>digmeout 選出 小野友暉『She is…』

>>山口晴久 選出 山本優花『愁苦辛勤』