【11/28~12/9】沖昌之 写真展「残念すぎるネコ」が東京・72Galleryで開催


「ぶさにゃん」や「必死すぎるネコ」に続き、写真集「残念すぎるネコ」を発表した猫写真家の沖昌之さん。
“あと少しが届かなくて残念”“家に入れなくて残念” “首を振ったら目がおかしなことになって残念” …など、くすっと笑える、愛くるしいネコの姿を捉えた「残念すぎるネコ」の写真展が東京・京橋72Galleryで開催されます。

今回展示されるのは、写真集に収録された約100点のなかから厳選した約50点。写真集をめくって見るのとはまた違う、臨場感に浸れます。
さらに、会場では写真集やポストカード、展示作品も販売されるので、自宅に「残念すぎるネコ」を連れて帰ることも!(※)お渡しは会期終了後になります。

WALL DECORでつくられた作品も展示!

今回の展示の一部作品は、「WALL DECOR(ウォールデコ)」で制作しています。
お気に入りの写真を簡単にパネル加工(額装)し、壁に飾る作品を作ることができる富士フイルムの人気商品「WALL DECOR」
沖さんも実際に注文しながらその手軽さを実感。紙の種類が選べたり、注文途中でサイズ感がわかりやすいように、飾ったときのシミュレーションができたり…とはじめての人でも簡単に注文できるサービスになっています。どんな展示作品ができあがったかはぜひ会場でご覧くださいね!

>>「WALL DECOR」の詳細はこちら

こんな残念すぎるネコたちが待っている!

展示予定の作品を一部チラ見せ。どうやったら撮れるんだろう…という瞬間ばかり。

撮影裏話と”ネコ撮影あるある”が聞ける?!

会期イベントとして、二夜連続トークイベントが開催されます。

初日12月5日(水)は、写真家テラウチマサトさんとの「残念すぎる撮影エピソード対決」。
いい瞬間をねらおうと必死の写真家がつくりあげる傑作の裏側には 、「残念すぎるエピソード」だってもちろんあります。苦労を経て撮影できた思い入れのある作品の裏側を覗いてみませんか?

2日目はネコ好きで有名な噺家 柳家ほたるさんがゲストに登場!
ネコにまつわる落語を1席していただいた後は、1日中ネコを探し歩いて撮影をしているという沖さんとほたるさんによる、「ネコあるある」から超マニアックなエピソードまでをトークしていただきます。

>>詳細はこちら

沖昌之「残念すぎるネコ」写真展

会期:2018年11月28日(水)~12月9日(日)
開館時間:12:00-19:00(最終日は17:00まで)
休館日:月曜日、火曜日 / 入場料:無料
会場:72Gallery (東京都中央区 京橋 3-6-6 エクスアートビル1F)
アクセス:tip.or.jp/access

あわせて読みたい

沖昌之「残念すぎるネコ」写真展 関連イベント 残念すぎる撮影エピソード対決&噺家 柳家ほたる「ネコにまつわる落語」

猫写真家・沖昌之さんに訊く 猫の基本の撮り方