御苗場2019 グループ賞
受賞者インタビュー<Annion_Coppi>


2019年2月28日(木)~3月3日(日)までの4日間、横浜・大さん橋ホールにて開催された日本最大級の写真展イベント「御苗場2019」。270以上の写真好きによる個性豊かな展示のなかから選ばれた、作品を紹介します。

本記事で紹介するのは、グループ賞を受賞した、Annion_Coppiの作品です。

Annion_Coppi

『いつか見た風景、ずっと変わらない風景』

Annion_Coppi インタビュー

作品のテーマ、コンセプトを教えてください

何気ない日常を愛情豊かに見つめたい
 

この作品で一番伝えたいことはなんですか?

普段の生活の中でいつも歩く道、通り過ぎる人、街角、陽の光、そこにある命から物語を想像してほしい。

 

この作品を撮影することになったきっかけを教えてください

その街に住む地元の人、その街に惹かれて集まる人の笑顔が素敵だから。

 

作品をつくる上で苦労したことはありますか?

顔がわかる人には写真撮影の許可。レンズを向けると相手の普段がなくなります。撮影した後には、身分証明をして撮影したことに対してお礼、希望があれば写真データをお渡ししています。

人が大きく写る街角写真は人から好かれる印象を持つことが必要で、そのために身だしなみや言葉使い、なるべく笑顔でいることを心がけないとすぐに警戒されてしまいます。撮影者が一瞬で相手に試されますので、これは写真以外のテクニックが必要です。

 

作品に対する熱い思いを語ってください!

そこにいる人には何の演出もありません。一瞬の出会いにシャッターを切っています。それができるようにいつも街を探索し、街の雰囲気を掴み、撮りたいイメージを持って撮影しています。被写体の人だけでなく物に対しても最大の敬意と愛情を持って撮った写真です。

 

今後目指していることなどあれば教えてください。

その街で生活する人やその街に魅了されて集まる人の日常の一番素敵な一瞬を切り取れるようになりたいです。

Annion_Coppi

文学部英米文学科の先輩と後輩。街の探索が好きで、小さなコンデジで歩いた街の記録写真を撮影していた。次第に場所の雰囲気を写真で表現したくなり、デジタル一眼レフとフィルムカメラで試行錯誤を繰り返すことに。街の特色、そこに住み集まる人をどう表現するのか現在も悩みつつ、撮影を続けている。2018年11月にりんごや(根津)で「フィルムで撮る街角写真展」を開催。
ポートフォリオ:annioncoppi.myportfolio.com/work
インスタグラム:www.instagram.com/annion_coppi/

他の受賞者のインタビューを読む