御苗場2019 寺内俊博選出 受賞者インタビュー<ucchi>


2019年2月28日(木)~3月3日(日)までの4日間、横浜・大さん橋ホールにて開催された日本最大級の写真展イベント「御苗場2019」。270以上の写真好きによる個性豊かな展示のなかから選ばれた作品を紹介します。

本記事で紹介するのは、寺内俊博さんが選出した、ucchiさんの作品です。

ucchi 『海へ!』

寺内俊博(西武そごう アートコーディネーター)選出理由

私はデパートのアートギャラリーで仕事をしていて、そのアートディレクターとして世界各地のアートフェアを巡っています。写真はもちろん、絵画や彫刻、インスタレーション、そういったものも全て含めて見ていまして、そういった立場から、ucchiさんの「表現力」に対して評価をさせていただきました。ucchiさんはもちろん、ノミネートした9名の方も、素晴らしい表現力をお持ちだと思います。

またこれまでは壁面だけの展示でしたけれども、今回の御苗場から始まったテーブル展示を見させていただいて、出展者の表現の幅がますます広がったのではないかと思っています。そんな中で、ucchiさんの作品を最初に見た時、深海の魚を潜って撮ってるのかなとか思ったんです。でもよく見たら違うことに気づき、このどんどん画面に吸い込まれていきまして。その横にあった紙の模型を見て、「紙」で作ったことがわかりました。1枚の紙がこんな写真表現になるんだと思ったんです。

二次元の紙を三次元の模型にして、さらにそれを写真という二次元の表現にする。面白い表現をする人だなと思って選ばせていただきました。ぜひこれからも応援させていただきたいと思います。

ucchiさんインタビュー

作品のテーマ、コンセプトを教えてください

“夜の海を泳ぐクジラ”のイメージを画用紙と薄紙の陰影を用いて表現しています。

この作品で一番伝えたいことはなんですか?

波の音や、静かで大きなうねりのような感覚が観る人に伝わればと思います。

この作品を撮影することになったきっかけを教えてください

3年前に受講したヌード撮影のワークショップで、紙細工の衣装を使ったことをきっかけに、紙の陰影で作品を作ることを思いつき、色々と試行錯誤する中で今回の作品が生まれました。

作品をつくる上で苦労したことはありますか?

お手本や、確立された撮影方法がないため、思いついたアイディアを試しては、失敗して、を何回も繰り返して撮影しています。

作品に対する熱い思いを語ってください!

“夜の海を泳ぐクジラ”は武満徹の「Toward the sea」という曲から想起されるイメージをモチーフにしています。音楽のように目に見えないものや、言葉では伝えにくい感情なども表現できるのが写真表現のひとつの魅力だと考えています。

今後目指していることなどあれば教えてください。

紙を使った写真でどこまで表現できるのか試行錯誤しながら作品づくりを続けたいです。また、撮影方法などをまとめてワークショップなどできればと考えています。

ucchi

1977年7月25日生まれ。2010年に写真教室を通じて人物撮影に興味をもち、2017年から紙の陰影を用いて人や海などを表現する写真作品の制作に取り組み始める。御苗場vol.10・vol.18・vol.20に出展。Saturday Night Nude Season Ⅶ(2018年1月)、ART POTLUCK@四ツ谷D21(2018年6月)、アートの競演2018観月@M84(2018年7月)、Photo Nico パリフォトサテライト展示(2018年11月)など、写真展にも多数参加。
Instagram:www.instagram.com/masatouch

他の受賞者のインタビューを読む