御苗場vol.26 小林正明さんが選出した理由とは?受賞&ノミネート作品公開


前半(5/22~5/25)・後半(5/28~5/31)会期に分かれ、全面オンラインでの開催となった御苗場vol.26。個性豊かな展示の中から選ばれた受賞作品をご紹介しています。

本記事では、レビュアー・小林正明さん(gettyimages シニア・アートディレクター)が選出した作品をご紹介。レビュアー賞受賞作品だけでなく、ノミネート作品も一挙ご紹介します。どんな視点で作品を選出しているのか?コメントをいただきましたので、作品と一緒にぜひご覧ください。

 

紅組:W14 LION M/岩野ナオミ/春愁

小林正明さん コメント
グラフィカルに切り取りられた寡黙な日常風景。凝視したくなる衝動を抑えられませんでした。

LION Mブース

紅組:W16 塩原真澄

小林正明さん コメント
絵画的な光。博物学的な淡々とした客観性を保ちながら、作家独自の世界を醸し出す作品群。完成度の高さにエールを送ります。

塩原真澄ブース

紅組:W19 磯野ひろき

小林正明さん コメント
圧倒的な存在感!タイポロジーの一つ、と目を離そうとしても、一円玉一枚一枚が語りかけてくる無数の物語を想像し目眩がしました。

磯野ひろきブース

紅組:T07 GENTAROABE

小林正明さん コメント
技巧的なステンレスプリントの妙!ただ、手法が前面で主張するよりも、あくまでテーマ/コンセプトが絞られると尚心揺さぶられる気がします。

GENTARO ABEブース

紅組:T11 Masahiro Yasui

小林正明さん コメント
一日の大半をモニター上でRGBの写真を見ている私にとって、フィルムの持つ空気感・存在感が改めて心地よかったです。

安井さんブース

紅組:SS01 松永奈々

小林正明さん コメント
社会事象に対する即応性に目が止まりました。Google Street Viewが世界報道写真展で入選して暫く経ちますが、ライブ映像を出力して作品に取り込む手法に注目しています。

白組:W07 ナカムラヨシノーブ

小林正明さん コメント
広告写真として直ぐにでも成立すると思います。抜群のユーモアX 卓越したフォトテクニックX創作性!

ナカムラヨシノーブブース

白組:W32 深沢久美

小林正明さん コメント
むき出しの私写真でありながら社会性に富んだ作品。B/Wの手法と自然偶発的・恣意的な写真の重なりで、強い記憶に残りました。

深沢久美ブース

白組:W54 くりはらはるか

小林正明さん コメント
フィルムの持つ温かみが伝わってきます。どこか懐かしい旅先の光景。非日常の連続する「旅先」ではなく、今ここにある「非日常性」をこの手法で見てみたいです。

くりはらはるかブース

白組:SS01 雪鈴*Lin

小林正明さん コメント
テキストを含む荒削りな表現でありながら「水」の持つ普遍性・神秘性を斬新な表現で垣間見せていただきました。

 

受賞作品

紅組:T01 望月クララ

望月クララブース

小林正明さん コメント

10年位前からアートフォトの世界でファウンドフォトという言葉が歩き始めました。蚤の市などで見つけた昔の写真を「光を当てて、時代を繋いでいく」という、そういう手法のカテゴリだと思います。

やはり会場を回っていて、圧倒されたのが、望月さんの作品の手作り感です。非常に自分と父親のパーソナルな、私的なテーマでありながら、そこにぐいぐいと引き込まれていく普遍的な力がありました。ギリシャ神話の昔から、父と娘の関係なのか、母と息子の関係なのか、いろんなことが取り上げられていますよね。とにかくやはり、その丁寧さ。圧倒的な愛や美しさというものに拍手を送りたいと思いました。


いかがでしたか?
ノミネートされたみなさま、おめでとうございます!
ほかにも、御苗場vol.26のノミネート作品とその理由を紹介しているので、ぜひご覧ください。

御苗場のVRは6月末まで公開中!

御苗場公式HPでは、会場の展示の様子をVRでご紹介しています。公開は6月30日(火)まで。受賞作品をぜひじっくりとオンラインでご覧ください。