鈴木光雄・吉野弘章・テラウチマサトがフォトコンテストでその写真を選んだ理由は?講評をチェック!


「PHaT PHOTO」の人気コンテストPPC。
毎号異なる3名の写真関係者を審査員としてお招きし、審査を行い、座談会形式で3名の視点から講評します。
上位50作品は必ずコメントがつくフォトコンテストです。

本記事では、上位9作品に続いて、入選8作品をご紹介します。
評価ポイントに加えて審査員からのアドバイスも。審査員たちのさまざまな視点から、あなたの写真がレベルアップするヒントが見つかるかもしれません。

審査員:鈴木光雄/吉野弘章/テラウチマサト

猫と昭和のポスターを結び付けた鋭い感性

「ご覧。」okirakuoki(東京都)

――ここからは入選作品です。自由応募でokirakuokiさんの作品「ご覧。」です。

テラウチ タイトルの通り、まるで猫が「ご覧」と言っているようですね。「昭和の映画のポスターのような一幕」とコメントにありましたが、本当に昔のスターのポーズのように撮れていて、くすっと笑わせてくれました。

吉野 確かに昭和のポスターに、こういう構図の写真がありましたよね。普通はこの場面に遭遇してもそんな風には見えないと思うので、猫とポスターを結び付けた感性は鋭いと思います。ただ、猫の写真としての面白さを抜け切れていない気がしました。

鈴木 2匹の猫が仲良く、肩を組んで写っている感じがいいですね。猫写真としては面白いですが、吉野さんが言われたように、その先が見えづらい作品だなと思いました。

背景の枯れた色調が、猫と同系色でまとまってしまっているので、少し平坦な感じに写っているのが残念です。別の色が入っていたり、背景が違っていたら、また雰囲気が変わってきたかもしれません。

ノスタルジックな気持ちがよく表れている

「はじめの旅の、その終わりに」にたばる(滋賀県)


――続いては、自由応募でにたばるさんの作品「はじめの旅の、その終わりに」。

吉野 ノスタルジックな気持ちはよく表れています。ただ一方で、撮影意図を読まなければここに込めた感情が掴みづらいと思いました。

作者は暗く潰れている部分も見えていると思うんですが、鑑賞する側としては暗い部分があまりに多すぎる。作者の想いの方が大きくてバランスが悪い気がしました。言葉と挿絵のような関係というか、少し言葉の力に頼りすぎているように思えました。

鈴木 哀愁が漂う写真で、夕陽の光も綺麗ですね。光は印象的ですが、それ以上のストーリーは感じられませんでした。少し物足りない感じがするので、言葉とシンクロするようなものがもうちょっと見えてくるといいと思います。

テラウチ 暗部が画面の大半を占めているので、作者がそこをどのくらいの明るさで見せたかったのかが気になりましたね。

モニターで写すと、画面の傾きや光によって見え方が変わってきてしまうので、どこまで暗く見せたかったのかがわからない。暗部はこの作品のポイントだと思うので、プリントで見てみたかったです。

金網写真の難しさ

「楽隊の行進」奥村幸夫(福岡県)


――続いて、自由応募で奥村幸夫さんの作品「楽隊の行進」。

鈴木 モノトーンと金網の組み合わせが独特で、印象に残る1枚です。ただ、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ