御苗場2018 受賞作品&選考理由発表!
エプソン賞/ソニー賞/ジャンル賞


日本最大級の写真展イベント「御苗場」
22回目となる御苗場は、2018年3月1日(木)~4日(日)の4日間、横浜の大さん橋ホール(CP+2018 PHOTO HARBOUR内)にて開催。
310を超えるブースのなかから選ばれた作品を紹介します。

エプソン賞

高い作品性と、展示の工夫やポートフォリオへの取り組みに至るまで、優れた表現力で将来を期待する作家に贈られる賞です。 多くのプロや写真家のプリント制作におけるスタンダードとなっているエプソンから、今後の活動のバックアップとして、高品位プリンターが贈呈されます。

 reiko.ym

「Equal Lights すべてに光は降りそそぐ」

《select》エプソン販売株式会社

選考理由
 撮影クオリティの高い作品が多かった今回の御苗場では、写真に対する考え方や作者のパーソナリティが透けて見えるような作品が、特に印象に残りました。reiko.ymさんがテーマとされたような「ささやかな心のゆらぎ」は、日常的な感情であるだけに写真として形にすることは意外と難しいように思うのですが、彼女の作品は凛とした美しさにあふれ、そして、確かな決意が伝わってくるものでした。会場スペースの「余白」効果や「白」への意識がうかがえる展示手法もそこだけ別世界であるような空気感を生み出しており、懐の深い作品世界に共感を持って入り込んだ鑑賞者も多かったのではないでしょうか。1枚1枚のインパクトというよりも、ポートフォリオやブック制作などを通じた丁寧な編集作業の積み重ねによって、彼女らしさをまとい、その強度を増していった作品なのだと思います。


《贈呈!》
エプソンプロセレクション
SC-PX5VⅡ

豊かな階調、安定した色再現を追及するため、濃度の異なる3種類のブラックインクを搭載したA3フラッグシップ機。さらに深まった美しい黒で、一段と精緻で立体感ある表現を実現。

concept
私にとって身近な場所に降りそそぐ光を集めました。生まれ育った町、家族と過ごした家、現在の住まいに限定して撮影しました。

question
――この作品で伝えたいことを教えてください。
どこにいても、どのような状況下でも、天から降りそそぐ光は平等だということにふと気づいた時に感じた、希望のようなものを表現しました。
体調を崩し苦しんでいた母にも、母を支える父にも光が届きますように、という個人的な祈りも込めました。

――この作品を撮影することになったきっかけは何ですか?
今年の元旦、1人で地元の河川敷に初日の出を見に行きました。母の体調のこともあり決して明るい気持ちではありませんでしたが、光に包まれた土手で好きなものを撮るうちに湧いてきた希望や幸福感のような感情を展示で表現しようと思いました。

――作品を作る上で苦労したことはありますか?
1枚ずつ丁寧に仕上げることを心がけました。展示枚数が多いので違和感のない並びになるよう考えました。

  

――今後目指していることなどあれば教えてください。
系統の違う写真を組み合わせての作品作りや、手作りの写真集を作成したいです。

Reiko Yamamoto
埼玉県出身、東京都在住。2015年7月にPHaT PHOTO写真教室入校。ビギナークラス、ミディアムクラス卒業。2017年2月御苗場vol.20横浜にて横浜市長賞受賞。2017年6月ギャラリーくぼたでPHaT PHOTO写真教室15Kクラス展「はじめまして。」に出展。
Instagram(@ymym015)