御苗場2019 ソニー賞
受賞者インタビュー<写心社 Emilie>


2019年2月28日(木)~3月3日(日)までの4日間、横浜・大さん橋ホールにて開催された日本最大級の写真展イベント「御苗場2019」。270以上の写真好きによる個性豊かな展示のなかから選ばれた作品を紹介します。

本記事で紹介するのは、ソニー賞を受賞した、写心社 Emilieさんの作品です。

写心社 Emilie 『SOUL MAZE』

ソニー賞 選出理由

素晴らしい写真が多く、選ぶのは難航しましたが、エミリーさんの作品を見た時に、思わず唸ってしまいました。この写真の第一印象はものすごく重い。不安や、魂の葛藤のようなものが写真の中にあって、すごいエネルギーが出ているんですね。

ここに出てくる人物の手と、紙から、恐らくこの人物が社会や周囲の環境にとても苦しんでいるということが伝わってきた。この1枚の写真を見た瞬間に、その苦しさが心に響きました。これからも色んな写真を撮られると思いますが、どんどん様々なものを撮られて活躍されることを祈っています。

E’milieさんインタビュー

作品のテーマ、コンセプトを教えてください

迷える魂
 

この作品で一番伝えたいことはなんですか?

葛藤や不安という思いは全ての人の心の中に存在する。そしていつの間にか日常のループに囚われてしまう。そこは妥協せず現状打破するようなエネルギーが何より重要ではないかと考える。

 

この作品を撮影することになったきっかけを教えてください

ある日通りかかった会社の受付に設置されていた水槽にふと目が留まりました。ぱっと見とても立派な水槽で魚は何の不自由もしていないように見えました。
ですが、私には水槽という透明の監獄の中からどこにも出ることのできないこの魚の境遇と、現実社会に生きる私自身の境遇が重なり、その魚に私自身の感覚や情緒を全て投影し、ある種の共感を得ました。その日から今までもやもやしていた感情が一気に解放され、今回のようなテイストの写真を撮れるようになりました。

 

作品をつくる上で苦労したことはありますか?

好きなものを好きに撮るというスタイルから「思いを伝える作品」を作るに変わっていく過程において他者から見た評価がとても気になり始めました。
周りにアドバイスを求めるがあまり、信念を貫いて撮ることが難しいと感じることがありました。

 

作品に対する熱い思いを語ってください!

今回の作品は1人の写真家として最も重要だと考えている「思想」を伝えたいと思い撮ったものです。作品を見て何か感じてもらえたら嬉しいです。

 

今後目指していることなどあれば教えてください。

現在フランス留学に向けてフランス語を勉強中です。新たな環境に身を置き、表現の幅を広げられるよう頑張ってまいります。

Emilie

1991年8月22日、中国・天津生まれ。天津中医薬大学卒。医薬品会社のセールスマンをしていたが、世界の舞台で活躍するアーティストを目指し、約1年半前に会社を辞職、写真に出合う。絵画など基礎が求められる技法よりも、自己表現するための最適なツールだと考え、写真を通じてアートおよび、表現の仕方を学んでいる。現在、留学のためにフランス語を猛勉強中。中国北京(三里屯)にてグループ展「傍観者」(2018年10月)、中国天津にて二人展「Change a lens」(2018年11月)を開催。
Instagram:@bonjouramyli

ソニー賞 受賞者特典

ソニー賞を受賞したEmilieさんには、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社より『デジタル一眼カメラα7 III 標準ズームレンズキット(ICLE-7M3K)』※キットレンズ:FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS(SEL2870)が進呈されました。

新開発35mmフルサイズ裏面照射型の有効約2420万画素「Exmor R(エクスモア アール)」CMOSセンサーに加え、先進のフロントエンドLSIと新世代の画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)によりデータ処理を高速化、全感度域で圧倒的な解像感とノイズ低減を両立しています。

また、α9に搭載された高速AFと動体追随アルゴリズム、693点像面位相差検出AFセンサーを継承し、さらに425点コントラスト検出AFが加わることで高いAF性能を実現しました。 動画はフルサイズ領域で画素加算のない全画素読み出しで生成し、モアレやジャギーの少ない高画質4Kでの撮影が可能です。

他の受賞者のインタビューを読む