御苗場2019 横浜市長賞
受賞者インタビュー<HIRO KANEKO>


2019年2月28日(木)~3月3日(日)までの4日間、横浜・大さん橋ホールにて開催された日本最大級の写真展イベント「御苗場2019」。270以上の写真好きによる個性豊かな展示のなかから選ばれた作品を紹介します。

本記事で紹介するのは、横浜市長賞を受賞した、HIRO KANEKOさんの作品です。

HIRO KANEKO 『prologos プロロゴス』

横浜市長賞 選出理由

横浜の風景を切りとっている写真の中から選ばせていただきました。もちろんそれだけではなく、写真から音楽が聞こえてきそうで、大人のストーリーが感じられる点にも惹かれました。横浜をずっと撮られているとのことですので、横浜の変わるところと変わらないところを、これからも捉えていっていただきたいです。今後ともぜひ横浜という街を愛していただければと思います。

HIRO KANEKOさんインタビュー

作品のテーマ、伝えたいことを教えてください

タイトルにしたprologosとはプロローグの語源になっている言葉です。
今回、まず自分の中で簡単なストーリーを作りました。そのストーリーが感じられるように、写真の展示やフォトブックの構成を決めています。人物を全てシルエットにしているので、見ている方に色々と想像してもらえるのではないかと考えました。

 

この作品を撮影することになったきっかけを教えてください

参加していた撮影実習の終了後で、夕景を見てから帰ろうと休憩していたところ、シャッターチャンスが訪れました。気負わずにいたのがよかったのかもしれません。

 

今後目指していることなどあれば教えてください。

個人ブース初出展ということもあり「展示」ということに意識が向かい、作品自体と向き合う時間があまりとれなかったのが今回の一番の反省点です。
次回があれば、テーマを具現化できるような作品が撮影できるように、感性を磨いていきたいと思っています。

HIRO KANEKO

神奈川県生まれ。仕事で一眼レフカメラで撮影する機会があり、自宅でも勉強できるように、2012年にカメラを購入したことがきっかけで写真をはじめる。2013年「ヨコハマ365日フォトコンテスト」優秀賞を受賞。

他の受賞者のインタビューを読む