選ばれた作品はどれ? フォトコンPPC Vol.114 入選作品発表


「PHaT PHOTO」の人気コンテストPPC。
毎号異なる3名の写真関係者を審査員としてお招きし、座談会形式で審査を行います。

デジタル雑誌で配信しているPPCの入選作品を、PHaT PHOTO Webでも一挙ご紹介。
今回の審査員、小林正明さん、松本友希さん、テラウチマサトさんが選んだ作品はこちらです!

1位~8位 上位入賞作品

1位「Go up↑」烏山彩(神奈川県)
小林2位・松本3位・テラウチ特別賞/計13pt

2位「覗き見」崎田憲一(東京都)
テラウチ・小林3位・松本特別賞/計11pt

3位「大群」イトウエージ(千葉県)
小林1位/計10pt

3位「A girl on the hill」Arki(茨城県)
松本1位/計10pt

3位「大阪の印象」Kazeo(東京都)
テラウチ1位/計10pt

6位「Lost World」takabo(兵庫県)
松本2位/計6pt

6位「初夏の風に吹かれて」シンペイ(東京都)
テラウチ2位/計6pt

8位「accident」根岸豊(東京都)
小林特別賞/計3pt

 講評をチラ見せ!

――今回の1位は、テーマ応募で烏山彩さんの作品「Go up↑」です。小林さんが2位、松本さんが3位、テラウチさんが特別賞に選ばれました。

小林 今回のテーマである「新たな気持ち」というものに沿って、一生懸命工夫して撮られたことが伝わってきました。全体としてシンプルにまとまっていて無駄もない。ただ、個人的にはこの木が少し枯れ気味なので、上へ飛翔するという意味であれば、若い新緑でもいいような気はしましたね。

松本 帽子を投げて撮られているんですよね。広角なので実際にはそこまで高くは上がっていないかもしれませんが、ここで何時間も粘った、撮影に懸ける作者の努力が垣間見えました。帽子がうまく木の隙間に配置されて、そこに…

入選作品

「息子(ある1日)」岩田徳彦(広島県)

「青空の下、大漁を願って」畠山雄一郎(宮城県)

「へっぴり腰。」okirakuoki(東京都)

「入学式」shikalovin(山梨県)

「陽炎」にたばる(滋賀県)

「vacances」奥田晃介(京都府)

「働く人は美しい」加藤光博(メルボルン)

「楽し怖ろし」山本健一(兵庫県)

「花火に願いを」森田耕司(富山県)

いかがでしたか?
今回は、上位17点の作品をご紹介しました。

さらに詳しい講評や応募作品は、プレミアム記事で公開予定!
プレミアム読者になると、上位50位のすべての講評が読めます。
「なぜこの作品が選ばれたの?」「評価の分かれ目はなに?」審査結果をもっと知りたい!という方は、プレミアム読者になって、ぜひ記事をご覧ください。