【結果発表】「PHaT PHOTO」写真教室コラボフォトコンテスト開催!


2014 年初夏、「PHaT PHOTO」写真教室の生徒を対象としたコラボフォトコンを実施しました!
ポートレイト、風景、花の3 部門ごとに作品を募集し、3 名の講師がそれぞれ審査。
見事優秀作品に選ばれた9 作品を発表します!
最優秀者の3名には特典として、PHaT PHOTO誌面&WEBでの作品掲載、
そしてファット.extライト1年分を進呈。おめでとうございます!

◆風景部門 神島美明先生セレクト

\最優秀賞:「Rainy day」Tadashi Hayashi(京橋13L クラス)/

先生コメント:きっちりねらって撮影したことがわかる1枚ですね。背景にビニール傘が溶け込んでいたり、つま先の上がり方や服が似ているのも面白い。全体的にモノトーンなので都会のクールさも伝わり、お洒落に仕上がっています。

\優秀作品:「嵐の前に」にたばる(京都14A クラス)/
先生コメント:草が四角い輪郭に沿って生えていて、遊水地になる前は家が立っていたのかな? と想像させられます。上部を切り、水面に映る世界のみを切りとったのもいいですね。あとは雲が「嵐の前」を感じさせる様子であればよかったかなと思います。

\優秀作品:「母との思い出」太田由美(横浜13B クラス)/
先生コメント:日傘の影の中に2人がすっぽり入っている様子や、背中側に空間を開けることで過去を表現しているなど、“心情風景”として完成度が高いなと思いました。少しアンダー気味のため暗い思い出に感じてしまうので、少し明るめでも良かったですね。

◆ポートレイト部門 まるやゆういち先生セレクト

\最優秀賞:「見~つけた!」Yasu Kozy(京橋13K クラス)/

先生コメント:まず目に飛び込んでくるカメラのレンズ、そして女性の真剣なまなざし。流れるような視線の誘導がとても新鮮です。初夏を感じるハイキー目なのも功を奏しています。口元が隠れているため表情が観る人の想像に委ねられ、飽きさせませんね。

\優秀作品:「夏のおじさん」ritsuko matsushita(横浜14A クラス)/
先生コメント:真面目そうなおじさんだけど、そのファンキーさのギャップに思わず笑ってしまう1枚。視線の先のひまわりが陽気さを感じさせますね。少し惜しいのは空の面積。もっと空を入れると、青と黄色のコントラストで気持ちよさが倍増しますよ!

\優秀作品:「初夏のはじまり」矢木亜香里(横浜14A クラス)/
先生コメント:隆々とした木、枝の力強さ、それに対する奇麗な逆光と清楚な女性という優しさの両極面が印象的。若干葉っぱが明るすぎて白くなっているので、カメラ設定等で色を濃くしておくと、色が残ってくれたりするのでぜひ調整してみてくださいね。

◆花部門 松本友希先生セレクト

\最優秀賞:「光花」岡本健(大阪12C クラス)/

先生コメント:凛とした花の様子が女性のようで、スポットライトのような背景から、主役と脇役をきちんと意識しているなと感じました。少し既視感があるので、たとえば何かが留まっている、などもうひとつストーリーが感じられるとより良いですね。

\優秀作品:「夏の足音」名取崇(京橋14A クラス)/
先生コメント:のどかで日常感のある風景ですね。ひまわり越しに入れた道がどこに続くのかな? と想像が湧きます。細かい部分ですが、右の葉っぱや左のひまわりなどが少し切れているのが気になったので、入れるのであれば先まで収めてあげましょう。

\優秀作品:「通り雨」大塚栄二(京橋13Mクラス)/
先生コメント:蓮と太陽が呼応しているようで、絵画的な1枚ですね。花弁の水滴と雲の切れ目からの太陽で、時間を感じます。ただ蓮や太陽、葉の位置がすべて1/3構図で決まり過ぎてしまったので、位置関係を少し崩してあげても良かったかもしれません。

「PHaT PHOTO」写真教室とは?
「ファット.ext」とは?

↓次ページでコンテストの概要をチェック!