大和田良さんがお勧めする
サンディスクのカードの魅力!


「地域×写真」をテーマに、週末に写真を撮りに出かけたくなる地域の魅力を紹介している「Have a nice PHOTO!」vol.27の特集をPHaT PHOTO Webマガジンでもお届けします!

撮影に欠かせないメモリーカード。
今回はスイスのエリゼ美術館による「明日の写真家50人」にも選ばれ、国内外で活躍する大和田良さんに、サンディスクの魅力について訊きました。

photo:Ryo Ohwada

掲載の作品は、植物や庭、風景などを3~4回の多重露光で撮影するシリーズの1枚。「連続的に撮影を行うので、カードの書込み・読取り速度が重要です。より高速の処理速度を持つカードを選びますね」と語るのは、写真家の大和田良さん。

本作品ではサンディスクのSDカードを使用して快適な環境で撮影やプレビューを行うことができた

データの持ち運びにはサンディスク エクストリーム 510ポータブル SSDを愛用。
サンディスクのポータブルSSDはデザインも良く、耐久性が高く、薄くて軽量なので重宝しています。重要な作品データのバックアップとしても使用しています」。
サンディスクのカードやSSDが作品制作に大いに役立っているよう。

大和田さん愛用のサンディスクのSDカードとSSD。2400万画素クラスまでのカメラの場合は32GB、高画素のカメラでは64GBのSDカードを使用。1日に撮影するカット数を十分にカバーする容量を選択している。

大和田さんの撮影機材。デジタルでよく使用するのはニコンのD850。レンズは50㎜や58㎜、45㎜のティルトシフトレンズなどを中心に使用。バッグはコンパクトに収まるものを選択。
 

Have a nice PHOTO!読者にお勧めのサンディスクのカード

サンディスク エクストリーム プロ SD UHS-IIカード


最大300MB/秒の超高速転送で、高速連写やパソコンへの転送が快適な安心の1枚。旅に持っていくなら64GBがお勧め。[写真を撮るコツがたくさん載っているサンディスクのページはこちら

Have a nice PHOTO!の他の記事を読む

Have a nice PHOTO! とは?
「地域×写真」をテーマに、週末に写真を撮りに出かけたくなる地域の魅力を紹介。旅先での写真の撮り方や、旅にぴったりのアイテム紹介など、写真好きがそこに足を運んでみたくなるような情報をぎゅっと詰め込んでお伝えします。<設置場所はこちら