郡山写真部×テラウチマサトがお勧めする
郡山のフォトスポット第2弾


「地域×写真」をテーマに、週末に写真を撮りに出かけたくなる地域の魅力を紹介している「Have a nice PHOTO!」vol.28の特集をPHaT PHOTO Webマガジンでもお届けします!

vol.28の特集は「郡山写真部とつくる はじめての郡山フォトガイド」
2018年10月に開催された、写真家・テラウチマサトを講師に招いた「秋の郡山撮影ツアー」のなかで、郡山写真部員12名と県外からの参加者20名が撮影した魅力的な撮影スポットをご紹介します!

今回ご紹介するのは、テラウチマサトと郡山写真部員がお勧めする、「四季の里緑水苑」「安積歴史博物館」「高柴デコ屋敷」の3ヶ所。

「四季の里 緑水苑」は風景、「安積歴史博物館」は建物、「高柴デコ屋敷」は職人と小物。風景、建物、人、物とさまざまな被写体で郡山の魅力をぎゅっと詰め込んだ内容に。3ヶ所とも年間を通して撮影を楽しむことができる、郡山のフォトジェニックなスポットです。

1.四季の里緑水苑

photo:木村響子

郡山市の北側に位置し、高村光太郎の「智恵子抄」でもよく知られる安達太良山(あだたらやま)を背景に、3万坪の庭が広がる緑水苑。25年の歳月をかけてゆっくりつくられたこの場所には、水芭蕉・水仙・さくら・ツツジ・アジサイ・スイレン・バラにもみじやイチョウ…と四季折々の花、植物が楽しめる。
photo:橋本友香

photo:西村悠志

photo:箭内理恵

2.安積歴史博物館

photo:オクエリカ

国の重要文化財に指定されている、旧福島県尋常中学校本館。テレビや映画のロケ地としても利用されるほど画になる場所。2つの大きなシャンデリアがある講堂や、古い木製の机と椅子が並ぶ復元教室に自然光が入り込むと、タイムスリップしたかのような雰囲気に。

photo:宗形雅幸
photo:西村奈保
photo:赤澤みどり

3.高柴デコ屋敷

photo:久保田厚子

「デコ=土偶=人形」を意味する高柴デコ屋敷には、4軒の工房が300年余りの伝統を守り、だるまや張子人形、三春駒などをつくり続けている。日中、職人は各工房で作業をしているので、声をかけて撮らせてもらおう。橋本広司民芸では、この地域の伝統舞踊でもある「ひょっとこ踊り」が見れるかも?

photo:内川昌平
photo:なかはししのぶ
photo:崎山和美

いかがでしたか?
自然豊かな緑水苑や国の重要文化財にも指定されている博物館、伝統を守り続ける工房が集まった屋敷など…郡山ならではの魅力が詰まったスポットですね。ぜひ撮影を目的に、郡山を訪れてください。

Have a nice PHOTO!の他の記事を読む

Have a nice PHOTO! とは?
「地域×写真」をテーマに、週末に写真を撮りに出かけたくなる地域の魅力を紹介。旅先での写真の撮り方や、旅にぴったりのアイテム紹介など、写真好きがそこに足を運んでみたくなるような情報をぎゅっと詰め込んでお伝えします。<設置場所はこちら