[フォトコンテスト情報]
パリでの展示&4泊6日の写真旅をつかめ!
ZOOMS JAPAN 2019 作品募集開始


(左)photo:Komiyama Katsura,(右)photo:RASIKI

いろんな人に作品を見てほしい、自分の力を試してみたい。写真家として、日本だけでなく世界でも活躍していきたい。
作品制作をしているみなさんの中にはそんな風に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

個展の開催や、ポートフォリオレビュー、出版社への売り込みなど、作品を発表・アピールする方法はいくつかありますが、フォトコンテストに応募してチャンスを得るというのもそのひとつ。国内外含め、いろいろなコンテストがありますが、PHaT PHOTOが注目するフォトコンテストをひとつご紹介します。

今回ご紹介するのは、先日受賞者レポート記事でもご紹介した、The Editor’s Photo Award ZOOMS JAPAN 2019 (エディターズ・フォト・アワード・ズームズ・ジャパン)](応募期間:2018年4月2日~6月29日)
毎年、横浜でカメラと写真映像のワールドプレミアムショーを開催している「CP+(シーピープラス)」が新進写真家を応援するために、2016年に立ち上げたフォトアワードです。

パリでの作品発表&アピールのチャンス!?

コンテストの詳細は後ほどご紹介するとして、最初に、このフォトアワードの魅力をお伝えします。[The Editor’s Photo Award ZOOMS JAPAN 2019]の最大の魅力は、選出されるエディター賞とパブリック賞の受賞者各1名ずつに、下記の4つの特典が与えられること。

(1)Salon de la PHOTO(パリ、2019年11月)での特別展示スペースの提供
(2)Salon de la PHOTO参加のための東京⇔パリの往復航空券、およびパリ現地宿泊(4泊6日想定)
(3)渡航準備金10万
(4)CP+2019での特別展示スペースの提供

フランスで行われる、大規模なカメラの展示会「Salon de la PHOTO(サロン・ド・ラ・フォト) 」で展示ができるだけではありません。実際にフランスを訪れ、会場に在廊したり、パリのギャラリーや美術館の写真関係者に写真を見てもらい、アピールしたりするチャンスが与えられるのです。滞在中は、世界最大のアートフォトフェア「Paris Photo(パリ・フォト)」など、さまざまな写真イベントで盛り上がるパリで、イベントや写真展を巡ることもできます。

さらに、日本でもCP+の特別スペースで展示ができるので、日本・海外で自身の作品をアピールできるチャンスが詰まったフォトアワードと言えます。

ZOOMS JAPAN 2017 受賞者のパリツアーの様子

2017年の受賞者のパリツアーの様子を少しご紹介します。
(左上)サロン・ド・ラ・フォト2017の様子。CP+と同様、多くの写真関係者やカメラファンが詰めかけます。(右上)受賞者ふたりの展示スペースは、カメラメーカーブースが立ち並ぶ、2階のど真ん中!(左下)サロン・ド・ラ・フォトの写真展企画のディレクターより作品購入の申し出が。(右下)写真雑誌の編集長と一緒に、トークショーにも出演します。

(上段)パリの老舗写真専門ギャラリーやヨーロッパ写真美術館にてポートフォリオを見て頂きます。(下段)今後の作品制作の勉強もかねて、パリ・フォトやフォト・フィーバーなど様々な写真イベントを視察。

<関連記事>
■受賞者が受けたレビューの内容やパリツアーの様子をもっと知りたい方へ
ZOOMS JAPAN 2017 受賞者と行くパリ写真旅レポート!

ZOOMS JAPAN 2018 受賞者の作品をチェック!

応募作品は一次審査を経てノミネート作品が決定し、ZOOMS JAPAN公式サイトでの一般投票でパブリック賞が選出。作家本人のプレゼンによる最終審査会でカメラ・写真専門誌の編集長たちによってエディター賞が選ばれます。
2017年12月下旬に発表された、「ZOOMS JAPAN 2018」のエディター賞とパブリック賞をご紹介します。

ZOOMS JAPAN2018 エディター賞
「L’Écume des jours」小宮山 桂

ZOOMS JAPAN2018 パブリック賞
「見知らぬ時空のはざま」羅 思琦

>>受賞作品・ノミネート作品一覧はこちら(ZOOMS JAPANのサイトに移動します)

ZOOMS JAPAN 2019 へ応募するには?

ZOOMS JAPANへの応募は、写真家として、国内外で活躍したいと思っている方であれば、プロ/アマチュア問わず誰でも可能。
1人1テーマを応募することができ、テーマに基づいた10点の写真作品の提出が必要です。応募にあたっての条件や注意事項はありますが、応募資格に経験は問われず、応募・審査は無料でもあるので、門戸が開かれているフォトアワードであると言えます。

受賞すると、日本・海外で自身の作品をアピールできるチャンス獲得に加え、多くの写真関連イベントが行われるパリで貴重な体験ができる[ The Editor’s Photo Award ZOOMS JAPAN 2019 ]。
応募期間は2018年4月2日(月)~6月29日(金)。締切まで少し時間があるので、今まで撮りためてきた写真を思い切って応募してみませんか?

The Editor’s Photo Award ZOOMS JAPAN 2019
応募期間:2018年4月2日(月)~6月29日(金)
主催:CP+実行委員会
協力:アサヒカメラ、カメラマン、CAPA、デジタルカメラマガジン、日本カメラ、PHaT PHOTO、フォトテクニックデジタル
応募詳細は:www.cpplus.jp/zoomsjapan/