写真展や組写真のセレクトで迷わない!はじめての写真編集


枚で表現する「単写真」に対して、複数枚の写真でテーマやストーリーを表現する「組写真」。写真展やフォトブックをつくる際に、複数枚でどう見せるか迷ったことがある方も多いのではないでしょうか?

「どうやって写真を並べればいいんだろう?」「思ったように意図したことが伝わらない」そんな風に感じたことがある人もいるはず。
そんなとき、必要なのが「写真編集」と呼ばれる作業です。難しそう…と思われるかもしれませんが、基本のルールがあるので、ご安心を。

本記事では、組写真、取り組んでみたい!というみなさまに向けて、組写真の基礎をお伝えします!

写真編集には、
・事象順に並べる「時系列型」
・自分の作品のダイジェスト「カタログ型」
・ルールを決めて同じジャンルの被写体を撮る「タイポロジー型」

などがありますが、今回は
・ストーリーで読ませる「物語型」
の編集方法を、PHaT PHOTO写真教室講師の、松本友希先生の写真を使用してビギナー向けの編集レッスンをしていきます。

この記事の内容
1.編集をするうえでいちばん大切なこと
2.2つのステップ「仕分ける」と「並べる」
3.実際に編集してみた!

1.写真を編集するうえでいちばん大切なこと

「編集」をはじめるまえに、みなさんに質問です。
「写真を組もう」と思ったときの「ゴール」は何でしょうか?
写真展?写真集?
…写真集とまではいわず、フォトブックやポートフォリオですか?
あるいは、「PPC道場」でもいいかもしれません。
どんなゴールであっても、「写真を組む」ということは、
誰かに写真を見せようと思っているということですよね。

みなさんの手元にある写真を使って、
見てもらう人に何を伝えたいのでしょうか?

当たり前のことなのですが、
写真を組むうえでもっとも大切なことは、
「その写真で何を伝えたいか」を持つことです。

「自分が見た美しい風景を見せたい」でもいいし、
「旅での体験」でも構いません。

表現するということは、「見る人に何かを届ける」ということ。
写真を並べる前に「この写真で言いたいことって、なんだろう?」
ということを、少し考えてみてください。

2.2つのステップ「仕分ける」と「並べる」

さて、伝えたいメッセージが少しでも浮かび上がってきたら、
写真を並べる作業にはいりましょう。

今回はPPC道場のルールに沿って、5枚で組みます。
5枚というのは非常に汎用性があります。
5枚をベースに10枚にも増やせますし、
20枚にしてブック構成も可能になります。

ステップその1「仕分ける」

最初に、ずらっと写真を机の上に並べます。
今回用意したのは写真は、23枚。

大切なのは、「プリント」にしてみることです。
パソコン上で選んでもいいのですが、写真全体を俯瞰するためには
小さいサイズでいいのでプリントアウトすることが重要です。

これを、ざっくり「仕分け」します。
写真を客観的に見ることで、編集は格段にしやすくなります。
自分の撮影の傾向や、メッセージが明確になることにもつながります。

はい、こんな感じで仕分けました。
大まかですが、左上は「空」、右上は「花」、
「植物」や「水」、「人」でまとめています。
厳密な仕分けでなくて構いません。

5枚という少ない写真でまとめるので、
「空」の写真が5枚中2枚あっても、伝わる情報量はほとんど変わりません。
同じ情報が伝わる写真より、違う写真を入れた方が良いですよね。
それを明確にするために、この仕分け作業を行います。

ステップその2「並べる」

では、仕分けた写真をもとに5枚の組写真をつくっていきましょう。
今回の松本先生の作品のテーマは「ひっそりと息づくもの」。

並べる順番ですが、下記を参考にしてみてください。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ