飯沢耕太郎が選ぶ「時代に残る写真集」Vol.6 ウィリアム・クライン『ニューヨーク』


William Klein, New York, Seuil, 1956

 フランスでファッション写真を中心に活動していたウィリアム・クラインは、1954年に一時、生まれ故郷のニューヨークに戻り、小型カメラで路上スナップを試みた。
 それらの写真は、2年後に画期的な写真集『ニューヨーク』として刊行される。従来の写真の美学を覆すスタイルは、多くの写真家たちに衝撃を与え、伝説的な写真集として語り継がれるようになった。

「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」
21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
参加作家:ウィリアム・クライン、石川直樹+森永泰弘、勝又公仁彦、沈 昭良、須藤絢乃、TAKCOM、多和田有希、西野壮平、朴 ミナ、藤原聡志、水島貴大、安田佐智種
会期:開催中~6月10日(日)
時間:10:00~19:00(入場は18:30まで)
住所:東京都港区赤坂9-7-6

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ