アジア写真のこれまでと現在を知って、未来へつなぐ3日間「T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO 2020」イベントレポート!


10月25日(金)~27日(日)の3日間、アジアトップの写真関係者たちと出合い、学び、交流するイベント「T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO 2020 Pre-Event」が開催されました!

中国・台湾・韓国・シンガポール・日本など国内外から11名のレビュアーが集まり、初日は東京・京橋のギャラリー「Tokyo Institute of Photography」にて、ポートフォリオレビューを実施。
約30名の参加者の作品を1点1点見たレビュアーからは、出版したい作品が見つかったとの声も。海外の写真のプロに直接写真を見てもらえる機会はなかなかありません。参加者にとっては、自分の作品の領域を広げる有意義な機会になったようです。

ポートフォリオレビューの様子。シンガポール国際写真祭ディレクターのグウェン・リーさん。

アジアの出版について語るトーク「フォトパブリッシングナウ」(左からヤンヨー、キム・ジョンウン、中島佑介、松本知己)

土曜日曜は、舞台を上野の東京藝術大学に移し、海外ゲストたちによるトークを多数開催。アジアの写真の最前線を、「写真祭」「歴史」「出版」という3つのキーワードで読み解きました。

さらに、首都圏の写真が学べる10の大学・専門学校から選抜された約70名の学生のポートフォリオの展示も。次世代を担う若者たちの作品が、学校の枠を超えて1つの会場に並びました。

ポートフォリオ展の様子

海外レビュアーも、学生たちのポートフォリオを審査。数ある作品の中から、武蔵野美術大学のRyu Ikaさんがグランプリに選出されました。
今回は審査員たちがピックアップしたポートフォリオを紹介します。

ベスト スチューデント ポートフォリオ

Ryu Ika (武蔵野美術大学)
Instagram:@ikaspart
賞品:FUJIFILM X-T30とXF18-55mmF2.8-4 R LM OISを授与
リュウイカ作品1
リュウイカ作品2
リュウイカ作品3

入賞作品

武蔵野美術大学・伊藤ゆかり(@it_180)

伊藤ゆかり作品1
伊藤ゆかり作品2

東京藝術大学・スクリプカリウ落合安奈( @ ana_scripcariu_ochiai )

落合安奈作品1
落合安奈作品2

東京藝術大学・石川真悠( @mayu__ishikawa )

石川真悠作品1
石川真悠作品2

東京藝術大学・トミモとあきな( @tomimotoakina )

トミモとあきな作品1
トミモとあきな作品2

東京工芸大学・横山渚( @nagisa_yokoyama )

横山渚作品1
横山渚作品2

東京工芸大学・笠谷有香( @yukasaya_ )

笠谷有香作品1
笠谷有香作品2

東京工芸大学・中崎大河( @tiger_roar206 )

中崎大河作品1
中崎大河作品2

東京工芸大学・荻原諒子( @gyalas )

萩原諒子作品1
萩原諒子作品2

日本写真芸術専門学校・鈴木 竣也( @shnszy_photos )

鈴木峻也作品1
鈴木峻也作品2

多摩美術大学・ベンビン( @bianbiandezuiai )

ベンビン作品1
ベンビン作品2

東京ビジュアルアーツ・川口翼

川口翼作品1
川口翼作品2

また、それぞれの学校の展示参加者の中から1名が代表となり、学生によるプレゼンテーションも。レビュアー陣・一般の来場客が注目する緊迫の中で、それぞれ自分の作品をアピールしていました。
選ばれたのは、トミモとあきなさん(東京藝術大学)・中崎大河さん(東京工芸大学)の2名。
お2人には、72Gallery(Tokyo Institute of Photography)での展示の権利が授与されます。

――――

未来の日本写真を背負う若者たちの作品を知り、これからの作家が進むべきアジアの写真に触れることができた3日間。
今回開催したイベントは、2020年5月に開催を予定する「T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO」へ向けたもの。

東京で、これからを担う表現者たちの作品を知り、海外の写真に触れる。
そんな体験を、ぜひ来年は味わってみてくださいね。

ポートフォリオ展でグランプリを受賞したRyu Ikaさんのインタビューも近日公開予定。
楽しみにお待ちください!

あわせて読みたい

ポートフォリオレビューの受け方 1/5 [基本]知っておくべき、よくある3つの失敗

写真家・渡部さとるが語る、ポートフォリオレビューの前に考えるべき“相手の欲望”

村山康則さんに聞く、ポートフォリオレビューへの心構えとは [PHaT PHOTO写真教室のすごい人]