写真家の肖像
「写真家による写真家コレクション」


TALK&PHOTO:赤城耕一

1961年東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒。エディトリアル、広告での撮影に携わるほか、各誌のカメラ雑誌、Webでのメカニズム記事、ハウツー記事などを寄稿している。カメラは戦前のライカから、最新のデジタルカメラまでを広くカバーして論評している。ライカ歴は30年以上。最初のM型ライカはM2。「アサヒカメラ」(朝日新聞出版)で「銀塩交遊学」、「カメラマン」(モーターマガジン社)で「ボケてもキレても」を連載中。著書に「定番カメラの名品レンズ」(小学館)「レンズ至上主義!」「銀塩カメラ辞典」(ともに平凡社)最新刊は「中古カメラはこう買いなさい」(玄光社・共著)。

TEXT:伊藤亮介

 写真家が写真家を撮るっていうのは少し変な話なのかもしれないけど、僕は写真を撮る人がみんなどんな表情をしているのか、とても興味がありますね。写真家は黒子であって、ふだんはあまり表に出てこないもの。顔が出てくるようになったのは、つい最近のことのような気がします。昔はそんなに顔出しすることはありませんでしたから。

 自分の姿を撮られるのを嫌がる写真家は結構いました。かの有名なアンリ・カルティエ=ブレッソンも嫌いだったらしく、彼のポートレイトは意外と残っていません。でも自分の姿を隠してたからこそ、いいスナップが撮れたのかも。木村伊兵衛さんも同じで、あまり枚数を撮らせなかったと聞いています。以前、立木義浩さんには「写真家はあまり表に出ない方がいい。なぜなら街で写真を撮りづらくなるから」と言われたことがありますね。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。
※当Webマガジンは、富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)の
アカウントでのログインも可能です。

プレミアム読者のお申し込みはコチラ