「御苗場」夢の先プロジェクト
グループ審査展レポート②


御苗場でレビュアー賞を受賞したメンバーだけが参加できる「夢の先プロジェクト」。
特別講座の受講後、全員がニコンのカメラD750を使って半年間で作品を5点撮り下ろし、
グループ審査展を経てグランプリが決定しました。
今回は「夢の先プロジェクト」第11弾グランプリ・ニコン賞決定の審査会での
審査員のコメントの一部をご紹介します。

各メンバーの作品詳細はこちら

審査員:
テラウチマサト(写真家/「御苗場」プロデューサー)
速水惟広(「T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO」プロデューサー)
安藤菜穂子(「PHaT PHOTO」編集長)

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ