第43回木村伊兵衛写真賞受賞、小松浩子のインスタレーションをたどる


第43回木村伊兵衛写真賞を受賞し、5月7日(月)までニコンプラザ新宿 The Gallery1で同時受賞の藤岡亜弥と一緒に受賞展を開催している小松浩子。
小松は今回、展覧会のインスタレーションが評価されての受賞となった。

2017年「人格的自律処理」ギャラリーαM(東京)

4月7日(日)に六甲国際写真祭のイベントとして東京・京橋のTOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHYにて開催された「写真とインスタレーションの最前線」で語られた過去の展示作品を振り返りながら、小松浩子はどのような写真家なのか、紹介していきたい。

登壇者:小松浩子(写真家) タカザワケンジ(写真評論家) 杉山武毅(六甲山国際写真祭代表、Mirage Gallery代表)

1点1点をきちんと見せない

第43回木村伊兵衛写真賞の受賞対象となったのは、小松が2017年9月9日から10月14日までギャラリーαM(馬喰横山)で開催した展覧会。

2017年「人格的自律処理」ギャラリーαM(東京)

おびただしい数のプリントが、床と壁に貼り巡らされ、天上のワイヤーからは、巨大なロール紙がまるで今も延々とプリントアウトされ続けているかのように波打ちながら垂れ下がっている。

木村伊兵衛写真賞は、毎年1月~12月までに雑誌・写真集・写真展などで発表された作品を対象としており、展覧会が受賞対象作になることは今までもあったが、
小松は主にインスタレーションの空間構成が評価されての受賞となった。

「この時に使ったロールペーパーは270m。壁と床に展示している六つ切の印画紙は約3000枚使って。発砲スチロールに巻かれている印画紙も大全紙で50㎝×60㎝が9点。それ以外はテキストとデジタル化した8㎜映画で構成していました」(小松)

2017年「人格的自律処理」ギャラリーαM(東京)

1点1点の写真と対峙して観るというよりは、空間全体が圧倒的に迫ってくるような体験だ。

「1点1点はすごく大事にしているものの、1点1点ちゃんと見られないようにしています。時系列を無視してたくさんの写真を並べていますので、1点を集中して見ようとしたところで隣のイメージなどに引っ張られて、その人の視線が動いてしまう現象が起こるんです。それは意図的にやっているのですが」(小松)

「ロールペーパーで遮られたり、テキストがあったりして見通しが効かないんですよね。1枚だけの写真に焦点を絞ることができない。そういう時って、頭の中で自分の視覚を意識しなおして画面を再構築しているような気になる。非常に写真を撮りたくなる展示で、フレーミングすることによってどんどん新しいイメージが生まれてくる展示なんです」(タカザワ)

展覧会に訪れた人が写真を撮ってSNSにあげることもしばしば。

「平面的に撮る人もいれば、奥行きのあるように撮る人もいる。その人がもつ写真に対する考え方とか展示に対する考え方が如実に表れていて、SNSにアップされる写真を集めても面白いかもしれませんね」(タカザワ)

小松が写真を撮り始めたのは2006年。写真家の金村修氏のワークショップに参加していた。3年で作品がまとまり、初個展は2009年11月のギャラリー山口だ。

最初から、現在のようなダイナミックな展示方法だったのだろうか。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ