ポートフォリオレビューの受け方 1/5
[基本]知っておくべき、よくある3つの失敗


国内外のフォトフェスティバルなどで行われるポートフォリオレビュー。ギャラリストや編集者などのレビュアー陣に、自分の作品を見てもらうことができます。日本では、KYOTOGRAPHIEやT3 PHOTO FESTIVAL TOKYO、雑誌「IMA」、写真集食堂めぐたま、六甲国際写真祭、塩釜フォトフェスティバル、東川町国際写真フェスティバルなどで行われています。
最大のメリットは、ふだん会えない人に直接自分の作品を売り込むことができること。とくに海外の場合は、飛び込みで作品を見てもらうことは大変難しいのです。

レビューごとに詳細は異なりますが、大体2万円~4万円の金額で3~6名のレビュアーに、それぞれ20分間ほど作品を見てもらうことができます。
TIPF2015でのポートフォリオレビューの様子

「ただ見てもらう」だけに終わらない、「作品を売り込んで結果を出す」ポートフォリオレビューにするには一体どうすればいいのか?

本記事では「ポートフォリオレビューの受け方」シリーズとして、心構えや準備する作品のポイント、ステートメントの書き方などを連載でお届けします。
(※)本記事は【ポートフォリオレビューのお作法】(動画)の内容に一部加筆をしたものです。

最初にお伝えするのは、

「知っておくべき、よくある3つの失敗」

その1:目的を持たずに受ける

ひとつ目は、レビューを受けること自体が目的になってしまうこと。
レビュアーから適切なコメントがもらえず、収穫や手ごたえのない結果になってしまうこともあります。申し込む前には、まず目的を明確にしておくことが大切です。
「写真展のためにアドバイスがほしい」「写真集出版が目標なので、つながりのある出版社に紹介してほしい」など。「行けば何か起こる!」という期待だけで臨むことは避けましょう。
TIPF2015でのポートフォリオレビューの様子

また、レビューのその場で展示や出版が決まることはそうそうありません。---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ