ポートフォリオレビューの受け方 2/5
[ポートフォリオのつくり方]ケースはどうする?


国内外のフォトフェスティバルなどで行われるポートフォリオレビュー。
「ただ見てもらう」だけに終わらない、「作品を売り込んで結果を出す」ポートフォリオレビューにするには一体どうすればいいのか?
「ポートフォリオレビューの受け方」シリーズの2回目。

<関連記事>ポートフォリオレビューの受け方 1/5
[基本]知っておくべき、よくある3つの失敗

今回はポートフォリオ自体は一体どんな風に準備すればいいの?という疑問にお答えします。

<目次>
・準備しておきたいものリスト
・ポートフォリオケースはどんなものが良いのか[ブック orボックス?それぞれのメリット]
・番外編1:こういうケースは避けましょう
・番外編2:デジタル版はアリ?ナシ?

まず、必ず準備しておきたいものはこちら

準備しておきたいものリスト

■ポートフォリオケース
■作品
■ステートメント
■CVプロフィール
■展示イメージ(あれば)
■プロモ

それぞれ、どんなものなのか、準備するうえでの注意点などをお伝えしていきます。
今回は「ポートフォリオケース」について。

ポートフォリオケースはどんなものが良いのか

中身(作品)がいちばん大事なのですが、意外とみられているのが作品を入れる「ケース」。
作品の扱い方によって写真への姿勢を判断されることもあるので、作品を保護するシートは透明度の高いものにするなど、 最低限の配慮が必要です。

ブック orボックス?

画像協力:コスモスインターナショナル
※ハンドメイドのブック(海外製・国内製)も対応。www.cosmosint.co.jp

ポートフォリオケースにはブックタイプとボックスタイプの2種類があります。それぞれメリットがあるので特性を理解して自分の作品に合わせて選択しましょう。

■ブックタイプのメリット

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ