組写真の作り方|写真集や展示のセレクトに役立つ!知っておきたい編集の“型”[後編]


テーマに沿ってひとつの組写真を構成する「写真編集」に取り組む人のための制作記事第2弾!後編です。
写真展や組写真のセレクトで迷わない!はじめての写真編集
に引き続き、組写真の基礎をお伝えしています。
※この記事は、ファットフォトvol.89号の記事をもとに編集・制作しています。

前半でもお伝えした通り、ここで紹介するのは組写真の「型」。
写真の編集には大きく分けて
・時系列型
・タイポロジー型
・ロードトリップ型
・物語型
・ポートフォリオ型
・カタログ型

があり、この6つのタイプについて、ご紹介させていただきます。

前編はこちら!

記事の内容
1.そもそもなぜ「型」を知る必要があるの? [前編]
2.編集初心者も取り組みやすい2つの型 [前編]
3.レベルアップに取り組みたい3つの型
4.目的があればつくりたい1つの型

3.レベルアップで取り組みたい3つの型

スタイル3:タイポロジー型

同種類の被写体を同じ条件やルールで取り集めたものがタイポロジー。
日本語では「類型学」といいます。
有名なのは、ドイツの写真家、ベッヒャー夫妻の給水塔シリーズ。
この作品は横浪修さんの『100 Children』という作品です。

同じ制服を着た子どもが首に野菜や果物をはさみ、同じ距離感、同じ背景で撮影されています。
個々の際が際立ち、被写体そのものの意味より形に注目させる効果があります。
このタイポロジー型で、アングルや構図がバラバラになってくると、注目すべきポイントが曖昧になってしまうことも。
「撮影ルール」や「条件」を決めて、それをいかにすべての写真で守れるかが肝。

スタイル4:物語型

写真をつなぎ合わせて、ひとつの物語を作る方法。
すべての写真の型の中でも難易度が高いスタイルですが、
その分、上手く構成すれば伝えたいメッセージも伝わりやすい型です。
写真展や組写真のセレクトで迷わない!はじめての写真編集」で紹介した組み方はこの組み方です。

『浅草善哉』は浅草で暮らす2人の老夫婦の生きた証が、偶然出会った写真家により記録されていきます。
「ストーリー」の中での時間の流れはもありますが、時系列のまま構成することに---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ