はじめての写真編集。知っておきたい編集の”型” [前編]


テーマに沿ってひとつの組み写真を構成する「写真編集」に取り組む人のための制作記事第2弾!

前回講評だった「写真展や組み写真のセレクトで迷わない!はじめての写真編集
に引きつづき組み写真の基礎をお伝えいたします!
※この記事は、ファットフォトvol.89号の記事をもとに編集・制作しています。

5枚の組み写真のフォトコンテストPPC道場
第2回も絶賛募集中なので、この記事を参考にぜひ応募にトライしてみてくださいね!

また、4月24日(火)には本記事を参考にした編集講座も開催いたします!

写真の組み方の基礎を学ぼう!写真編集&セレクト講座
日時:2018年4月24日(火)19:30~21:30
場所:PHaT PHOTO写真教室 小教室(東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル4F)
講師:松本友希先生(PHaT PHOTO写真教室講師)
[こんな方にオススメ]
・グループ展や個展を控えている方、いつか開催したいと思っている方
・御苗場に出展予定の方
・フォトブックや写真集を作ってみたい方
・PPC道場への応募を考えている方
・自分の作品を客観的に見つめなおしたい方
詳細はこちらから

そして今回お伝えするのは、組み写真の「型」。
写真の編集には大きく分けて
・時系列型
・タイポロジー型
・ロードトリップ型
・物語型
・ポートフォリオ型
・カタログ型

があり、この6つのタイプについて、ご紹介させていただきます。

記事の内容
1.そもそもなぜ「型」を知る必要があるの?
2.編集初心者も取り組みやすい2つの型
3.レベルアップに取り組みたい3つの型 [後編記事でご紹介!]
4.目的があればつくりたい1つの型 [後編記事でご紹介!]

1.そもそもなぜ「型」を知る必要があるの?

写真展や写真コンペへの応募で、
「写真集やフォトブックを作りたい!」と思っている方に
何よりもやってほしいのが「写真集を見る」ということ

「人の写真なんて見てられない!」
「自分のオリジナリティを出したい!」
「手を動かすのが一番はやい!」
と、そんなことを感じる人もいるかもしれません。

…でも、ちょっと考えてみてください。たとえばあなたなら
「美味しいハンバーグの味を知ってる料理人」と、
「あまりハンバーグを食べたことがない料理人」、
どちらがつくるハンバーグを食べたいと思いますか?

「美味しいハンバーグの味(=良い写真集の構成)」を
知っているか知らないかは、制作に大きな影響を与えます。

だからこそ、良い写真集やブックをつくるためには、まずは
「どんな写真集があるのか、型を知る」「いい写真集が何かを考える」ことが大切なのです。

2.編集初心者も取り組みやすい2つの型

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ