青山裕企×テラウチマサト
写真の世界で“楽しく闘う”ための5つのヒント


イベント、出版、ギャラリー、文章執筆に、写真講義まで。61冊目の著書「クリエイターのためのセルフブランディング全力授業」がまもなく発売される青山裕企さんと、日本最大級の写真展「御苗場」をプロデュースするテラウチマサトさん。写真家としての活動だけにとどまらない2人は、それぞれどんな想いで今の活動を続けているのか。

2018年3月「御苗場2018」の中で開催された、トークイベント「写真の世界で“楽しく闘う”ための全力授業」の内容を一部抜粋し、「写真は面白い!写真は楽しい!」を原動力に、その喜びを伝えるために全力で活動してきた2人が考える、この世界で“楽しく闘っていく”ためのヒントをお届けします。

 

1.「月並み」と「自分らしさ」

――今回の御苗場では約300ブースの展示がされていますが、作品を観られていかがですか?

テラウチ 写真雑誌に載っているようなレベルの、「うまい」作品がたくさんあると思います。一方で、少し厳しい意見かもしれないけれど、多くの写真が「月並み」と感じるところもあって。「月並み」って、それなりにうまいレベルですよね。でも、そこから抜け出さないといけないと感じます。

青山さんの作品の「SCHOOLGIRL COMPLEX」を見ると、作品が出た当初はこんな風に女子高校生を撮った人はいなかったと思います。月並みを超えて、「自分らしさ」にこだわることがこの作品に繋がっているのかなと思ったのですが、どうですか?
写真集「SCHOOLGIRL COMPLEX 2006-2015」/ Yuki Aoyama

青山 僕にとっての「自分らしさ」って、逆に「月並み」にあるのかも、と思うことはありますね。高校生時代に女の子に対しての恐怖心があって、自分だけの感情なのかなと思ってこの作品を発表していました。

でも、人に「わかる、わかる!」と言われたときに、「この感情って一般的だったんだ」という気づきがあって。思わぬ共感を呼んだんですよね。他人とは違う自分だけの表現をしたい、というのは自然な考えだと思うんですけれど、本当に自分しかわからない世界を表現したら、誰にも共感してもらえない。

――「月並み」な感情が込められていることと、写真の「自分らしさ」のバランスですね。

青山 「むすめと!ソラリーマン」という作品は、「楽しそう」とよく言われるんですけど、時々「切なくなる」という感想をもらうことがあります。「父親のことを考えると、娘さんも将来お嫁に行っちゃうんだろうなって想像して切なくなる」、ということみたいなんですけれど。
写真集「むすめと!ソラリーマン」/ Yuki Aoyama

見た人に幸せな気持ちになって欲しいとか、親子関係について考えてほしいとか、僕にもいろんな思いがありますが、写真というのは最終的に見た人がどう思うか。1枚の写真からどれだけの感情が立ち上がるかということが重要だと思っています。

同じように「SCHOOLGIRL COMPLEX」でも、男性としての自分の思春期の感情を表現していたのに、作品を見た女性から、「わかる」とか「なつかしい」という感想をもらったこともあって。それは写真の可能性をすごく感じましたね。

2.内から湧き出てくるものを形にする

――テラウチさんは「作品」として世に出す時に、どういうことを意識していますか?

テラウチ 言葉が悪いかもしれないけれど、「モデルを材料にして料理をする」という感覚でしょうか。食べたときに(=観たときに)「一体なんの素材を使っているの?」と相手を驚かせたいですね。

これは「redfish」という作品で、魚が人間に変わっていくというコンセプトです。このモデルを見た時に、昔買っていた金魚を思い出して。それを写真にしてみようと思って作り始めました。そういうテーマをもって撮ってみると、普通にポートレイト撮影をするよりも面白くなります。
「redfisn」/ テラウチマサト

青山 その話は「これぞ作品づくり」、という感じがします。コンセプトを真面目に考えて撮り始めるんじゃなくて、超個人的な物語や、思い浮かんだものを写真で表現しよう、というところ。
「展示があるから作品撮らないと」ということももちろんあると思うんですけど、内から湧き出てくるものを形にするということで「作品」になるのかなと思います。

――テラウチさんは、「撮りたい!」という気持ちが先行して作品になることが多いですか?

テラウチ もちろん写真展の日時が決まって、そのために作品を撮らなければいけない、ということもありますよ。そんなときはまず著名な作家の写真を「オマージュ」することもありますね。

青山 「オマージュ」っていうのはすごくわかります。でも、オマージュしてみても、全く同じにはならない。どこかで自分とオリジナルとの「ずれ」が出てくるはずなんです。その「ずれ」に---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ