花火撮影で押さえておきたい
基本の画作りとステップアップのポイント


18mm/F8/10秒/ISO100

花火を毎年撮りに行くけれど、満足のいく写真が撮れない…感動をもっと写真に写しこみたい!という方へ。

PHaT PHOTO写真教室講師のまるやゆういち先生に学ぶ、花火の撮り方。前回は花火撮影に必要な機材と基本設定を教えてもらいました。
今回は画作りのポイントとひと味違う花火写真の撮り方について教えて頂きます。

まるやゆういち先生
1974年青森県生まれ。テラウチマサトに師事し、著名人・経営者など1000人以上の撮影を重ね撮影講師としても活動。のべ400人以上の生徒にレクチャー。現在はフォトグラファー/講師の活動を精力的に行い、実績に裏付けされたテクニックとわかりやすい指導に定評がある。
PHaT PHOTO写真教室の詳細はこちら

 

1.おさらい:花火撮影の基本セッティング

花火撮影は設定もフォーカスも、マニュアル撮影で行います。
基本セッティングは<はじめてのマニュアル撮影に挑戦!花火撮影の基本設定と必要な機材>でご紹介していますのでチェックしてくださいね。

 

2.押さえておきたい、基本の画作り

19mm/F18/6秒/ISO200

(1)5分割構図で考える

画面の中に地面をどれだけ入れるかによって、花火の表情が変わります。
写真の構図で、「3分割構図」とよく言いますが、下3分の1を地面が占めると、花火の場合は地面の割合が多すぎる印象があります。
画面を横に5分割にして、下の約5分の1に地面をおさめると、花火とのバランスが良く見えるでしょう。

(2)画面上の花火の位置

花火を写す位置もポイントです。---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ