タカザワケンジ文章講座 第2回
伝わる書評を書くための練習方法


ツイッターやFacebookなどのSNSやブログで写真展や写真集の感想を書いてみたい!
写真展に行った後、記録として感想を書いているけど、うまく書けているかわからない。
そんな風に思ったことはありませんか?

写真評論家のタカザワケンジさんに、写真についての魅力的な文章を書くコツを教えていただく連載、第2回目。今回は写真を見るということについて教えていただきました。

※本記事は、写真評論家・タカザワケンジさんによる「写真展・写真集の感想をSNSで書くための文章講座」の内容を一部抜粋してご紹介しています。

目次
1.見るとは何かを考えてみる
2.実践!写真を言葉にしてみよ
3.写真を言葉にするための見方とは?

 

1.見るとは何かを考えてみる


前回は、面白い文章を書くヒントや、リサーチや執筆など書評を書くプロセスをお伝えしました。実際に、写真展や写真集の評論を書くということにあたって、みなさんにまず考えて欲しいのは、「写真を見る」という行為そのものについてです。

写真の見方が良く分からない、どう解釈したらいいのだろうと疑問に思う方もいると思います。写真も絵画と同じで、見方のセオリーのようなものもありますが、今回はそれ以前の「写真を見る」ということについて考えていきたいと思います。

写真を見るときに、自分の頭のなかで何が起こっているかを考えてみましょう。そして、自分が写真をどうみているかを言葉にしてみてください。

伝えるということは、言語化して書いたり、話したりすることです。自分自身が考えていることを言語化できないと、読んだり、聞いたりする人も理解できません。
まずは、自分自身がどのように写真を見ているか、解釈以前に、1枚の写真をどう認識しているのかを、今回はテーマにしたいと思います。

2.実践!写真を言葉にしてみよう


実際に手元にある写真集などから1枚写真を選んで、2つのステップで、写真を見て言葉にすることを実践してみてください。
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ