なぜ、ロバート・フランクは日本の写真家たちに決定的な影響を及ぼしたのか?|飯沢耕太郎が選ぶ時代に残る写真集


 ロバート・フランクは1924年、スイス・チューリヒに生まれる。1947年に渡米し、55〜56年に、グッゲンハイム奨学金を得て全米を旅しながら撮影した写真による『アメリカ人』(フランス語版1958年/英語版1959年)を出版する。以後映画作家に専念した時期もあるが、1972年刊行の『私の手の詩』から、ふたたび写真家としての活動を再開した。2019年に9月に94歳で死去するまで、多くの写真集を刊行、展覧会を開催してきた。

 ロバート・フランクについては、既にこの欄で『私の手の詩 The Lines of My Hand』(邑元舎、1972年)を紹介している。ところが、2019年9月9日に94歳で逝去したという情報が飛び込んできた。そこで、あらためて彼の最初の写真集『アメリカ人』と、それが日本の写真家たちに与えた影響について考えてみることにしたい。

出来栄えに満足できなかったフランス語版

 フランクが1955〜56年にグッゲンハイム奨学金を得て、全米を中古のフォードで旅して撮影した写真をまとめた『アメリカ人』は、まず1958年にフランス語版の『Les Américains』として出版される。だが、それは社会学者のアラン・ボスケによるテキストと写真とが交互に並ぶ構成だった。その出来映えに満足できなかったフランクは、

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ