2018年9月~11月締切!
国内フォトコンテスト5選


本記事は2018年9~11月に締切のフォトコンテストをご紹介しています。
最新のフォトコンテストまとめ記事はこちら

編集部がお勧めする国内のフォトコンテストの第2弾!
副賞としてレンズが贈られるものやニューヨークでの個展開催ができるものなど、今回も写真活動のバックアップをしてくれるお勧めのコンテストをご紹介します。3つのコンテストでは賞金がなんと100万円…!
9月~11月まで締切のものをピックアップしていますので、ぜひチャレンジしてみてください。

*本記事ではコンテストのタイトル・主な賞の内容・応募時期・URLをご紹介しています。応募概要や応募条件などはコンテストのサイトにてご確認下さい。また、締切は変更や延長される可能性もありますので必ずサイトにてご自身でご確認をお願いします。

 

APAアワード2019 写真作品部門

APAアワード2019 写真作品部門

 賞金30万円(文部科学大臣賞・1作品)、賞金15万円(東京都知事賞・1作品)など。APAアワード2019展覧会(東京都写真美術館)での展示、「年鑑 日本の広告写真2019」への掲載

対象 国内在住で応募作品の著作権を有する方。国籍、年齢、職業問わず。
審査員 高井哲朗氏、丹羽晴美氏、佐々木広人氏、福島晃 氏、ハービー・山口氏、安珠氏、鈴木理策氏、レスリー キー氏

応募テーマ 「PASSION」パッション
応募枚数 単作品は制限なし、組作品は1組5枚まで(但し、何組出品しても可)。応募プリントサイズはA4サイズまたは、8×10(六切り)サイズ。

応募費用 一般:3,000円/1枚、学生:1,500円/1枚
応募期間 2018年9月1日~9月28日
Webサイト www.apa-japan.com/award/photo
インスタグラム instagram.com/apa_award

 

第15回 タムロン・マクロレンズ フォトコンテスト

第15回 タムロン・マクロレンズ フォトコンテスト

 20万円+副賞タムロンレンズ(グランプリ1名)、5万円+副賞タムロンレンズ(金賞・各部より2名ずつ)、5万円(銀賞・各部より2名ずつ)など

対象 マクロレンズで撮影された写真であればメーカー名・旧モデルを問わず応募可。
審査員 石井孝親氏(ネイチャーの部)、岡本洋子氏(ノンジャンルの部)

応募テーマ テーマは自由。(ネイチャーの部・ノンジャンルの部いずれかに応募)
応募枚数 ネット応募:応募点数は両部門併せて10点まで。プリント部応募:応募点数制限なし。応募プリントサイズはキャビネサイズ(2L)〜四ツ切りワイドプリントまで。

応募費用 無料
応募期間 2018年6月1日~10月15日
Webサイト www.tamron.jp/special/contest/macrocon2018

 

第58回 富士フイルムフォトコンテスト

第57回 富士フイルムフォトコンテストフジコン大賞 「春爛漫」 阿部 孝志

第58回 富士フイルムフォトコンテスト

 賞金100万円(フジコン大賞・1名)、50万円(グランプリ・一般企画3部門より1名ずつ)、賞金20万円(金賞・一般企画3部門より3名ずつ)など

対象 写真専門店・現像所でプリントされた作品、または自身で制作した銀写真プリント(印画紙)が対象。フォトブック部門はフォトブック作品。
審査員 広川泰士氏(自由写真部門)、浅井愼平氏(日本の文化部門)、川隅功氏(ネイチャーフォト部門)、森本美絵氏(特別テーマ部門)、榎並悦子氏(フォトブック部門)

応募テーマ 一般企画:自由写真部門、日本の文化部門、ネイチャーフォト部門/特別企画:特別テーマ部門(テーマ:壁に飾りたい写真)、フォトブック部門
応募枚数 何部門でも、何点でも応募可。応募プリントサイズは六切(六切りワイド)〜A4、四切(四切ワイド)/特別テーマ部門は2Lサイズ、正方形サイズから応募可/フォトブック部門はフォトブック作品の応募。

応募費用 無料
応募期間 2018年9月1日~10月21日
Webサイト www.fujifilm.co.jp/fpc

 

日経ナショナル ジオグラフィック写真賞 2018

日経ナショナル ジオグラフィック写真賞 2018

 賞金100万円、ニューヨークでの個展開催(グランプリ・1名)、賞金10万円(最優秀賞・各部門より1名ずつ)

対象 プロの写真家、プロに準ずるハイアマチュア。写真家としての活動の場を広げ、活躍していく意欲のある方。
審査委員 野町和嘉氏(審査委員長)、中村征夫氏、大塚茂夫

応募テーマ ネイチャー部門(自然の素晴らしさや驚きの姿、動物や植物をとらえた作品)、ピープル部門(世界の人々の営み、社会、文化を活写した作品)
応募枚数 5点まで。2013年以降に撮影した六切サイズ以上四切サイズ(ワイド可)までの1枚写真、または組写真(5枚以内)。

応募費用 無料
応募期間 2018年9月1日~10月31日
Webサイト natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/photo/15/011800001/062100016

 

エプソンフォトグランプリ 2018

エプソンフォトグランプリ 2018

 賞金100万円、ハイエンドデスクトップPC Endeavor 「Pro5900」(グランプリ・1名)、賞金30万円(優秀賞・学生部門を除く各部門より1名ずつ)など

対象 インクジェットプリンターでプリントされた作品。
審査員 田沼武能氏、三好和義氏

応募テーマ ネイチャー部門、ヒューマンライフ部門、モノクロ作品部門、学生部門。
応募枚数 点数制限なし。応募プリントサイズは六切・A4以上(学生部門はL判以上)、組作品・ブック形式に関して、サイズ規定はなし。

応募費用 無料
応募期間 2018年9月3日~11月12日
Webサイト www.epson.jp/katsuyou/photo/sanka/contest/gp

いかがでしたか?
国内のフォトコンテストはまだまだお勧めのものがありますので、情報がまとまり次第、アップしていきます。今後もぜひチェックしてくださいね。

PHaT PHOTOでもコンテスト開催中!

ファットフォトコンテスト(PPC)では1枚から、自由部門・テーマ部門で作品応募が可能。PPC道場では、組み写真の基礎となる「5枚」であなたのテーマで応募が可能です。審査員は毎回3名。写真家や編集者、キュレーターなど写真関係者が座談会形式で審査を行うので、多様な写真の見方を発見できます。 入選、優秀賞者には誌面掲載やギャラリー展示など様々な特典をご用意。どちらも無料で、オンラインで応募ができるので、お気軽にご応募ください! >>コンテスト詳細はこちら

 

あわせて読みたい

>>2018年9月〜11月締切!編集部がお勧めする海外フォトコンテスト8選

>>公募展の受付はいつから?ニコン、キヤノン、ソニー他、メーカーギャラリー情報まとめ