2018年9月〜11月締切!
編集部がお勧めする海外フォトコンテスト8選


(c)Junichi Shimizu / 東京国際写真コンペティション 受賞作品 展示の様子 / T3 PHOTO FESTIVAL TOKYO (2017年5月開催)

編集部がお勧めする海外フォトコンテスト、第2弾。9月~11月に締め切りの8つのコンテストを紹介します。

ニューヨークやフランスなど海外で展示ができるものから、アメリカの写真雑誌「PDN」へ掲載されるもの、賞金120,000ドル(約1,300万円!)のものなど受賞特典が豪華!
1枚から応募できるコンテストもありますので、ぜひチェックしてみてください。

*本記事ではコンテストのタイトル・主な賞の内容・応募時期・URLをご紹介しています。応募概要や応募条件などはコンテストのサイトにてご確認下さい。また、締切は変更や延長される可能性もありますので必ずサイトにてご自身でご確認をお願いします。

海外フォトコンテスト情報(締切:2018/9)

Emerging Talent Awards 2018
 20,000ドルの賞金、NYのギャラリーでの展示、The Best of LensCultureへの掲載など
対象 18歳以上。プロ・アマチュア問わず
応募枚数 シリーズ(10枚まで)
応募費用 60ドル
締切 2018/9/5
Webサイト www.lensculture.com/photo-competitions/emerging-talent-awards-2018
World In Focus 2018
The Ultimate Travel Photography Competition

 2,000ドルの賞金、Tamronレンズ、PDNへの掲載など
対象 18歳以上。プロ・アマチュア
応募枚数 1枚(シングル)、2〜6枚(シリーズ)
応募費用 プロ:35ドル、アマチュア:20ドル
締切 2018/9/12 ※以降、9/26までは10ドルの遅延手数料で応募可
Webサイト www.worldinfocuscontest.com
The Paris Photo–Aperture Foundation PhotoBook Awards
 10,000ドルの賞金、Paris Photoでの展示など
対象 購入可能であるか無料で配布されている写真集 ※部門によって異なる
応募枚数 写真集
応募費用 1冊につき30ドル
締切 2018/9/14
Webサイト www.picter.com/aperture/photobook-awards-2018
The Emerging Photographer Fund 2018
 10,000ドルの賞金
対象 25歳以下のすべてのフォトグラファー
応募枚数 1~25枚
応募費用 20ドル
締切 2018/9/30
Webサイト www.burnmagazine.org/epf

 

海外フォトコンテスト情報(締切:2018/10)

International COLOR AWARDS
 1,500ドルのなど
対象 プロ・アマチュア
応募枚数 1枚(シングル)
応募費用 プロ:35ドル アマチュア:30ドル ※いずれもパック料金あり
締切 2018/10/31
Webサイト www.colorawards.com
Prix HSBC
 写真集の出版、フランスとその他4カ国での作品展示など
対象 写真集を出版したことがない写真家
応募枚数 15枚(シリーズ) ※写真集には最低70枚の写真が必要
応募費用 無料
締切 2018/10/31
Webサイト concours.hsbc.evenium-site.com/site/prix-hsbc-pour-la-photographie-concours-2018-2024
HAMDAN BIN MOHAMMED BIN RASHID INTERNATIONAL PHOTOGRAPHY AWARD
 120,000ドルの賞金など
対象 18歳以上。プロ・アマチュア問わず
応募枚数 1枚(シングル)、5〜10枚(ポートフォリオ)、ムービー(3分〜5分)
応募費用 無料
締切 2018/10/31
Webサイト www.hipa.ae/en/hope-2018-2019/what-s-new

 

海外フォトコンテスト情報(締切:2018/11)

GOMMA GRANT
 1,000ユーロの助成金など
対象 プロ・アマチュア問わず
応募枚数 6〜50枚(シリーズ)
応募費用 25ユーロ
締切 2018/11/3
Webサイト www.gommagrant.com
 
気になるものはありましたでしょうか?
今回は現在(2018/8/29時点)で受付が始まっているものをご紹介しました。次回は12月~2月に応募ができるものをご紹介したいと思います。今後もぜひチェックしてみてくださいね。
 

あわせて読みたい

>>公募展の受付はいつから?ニコン、キヤノン、ソニー他、メーカーギャラリー情報まとめ
>>豪華審査員なのに参加費無料!雑誌「New York Times」のポートフォリオレビューに行ってきた!