ビートルズ、ニルヴァーナ、ボブ・ディランまで 伝説的ロックミュージシャンの写真を展示販売


The Beatles, Photographer Tom Murray

 

ロック史のアイコンと言える伝説的ロックミュージシャンの写真を展示販売する「クラシックロックフォトグラフィー展示会」が7月14日(日)まで、東京・京橋の72Galleryで開催中。

本展では、ロックファンで写真コレクターのブルース・ポーマー氏のコレクションを中心に、アルバムカバー写真なども含めて展示販売されている。
 

ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランなどが登場

登場するミュージシャンは、ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、ボブ・ディラン、ジミ・ヘンドリックス、レッド・ツエッペリン、デヴィッド・ボウイ、クラッシュなど。

Rolling Stones performing in Washington, DC in 1994

Kurt Cobain, Nirvana, Photographer Henry Diltz

 

ジャズミュージシャンの写真で著名なウィリアム・エリス氏撮影のディジー・ガレスピー、ハービー・ハンコック、マイルズ・デイヴィス、BBキング、ジャック・ブルース、ポール・マッカートニーの写真も展示される。

Paul McCartney, Photograph by William Ellis

 

販売価格は10,000円~

ウィリアム・エリス氏が撮影したジャズミュージシャンの写真は10,000円から販売されている(プリントのみ)。ギャラリーディレクターの鈴木雄二氏によると、おすすめは4~5万程度の作品。8×10インチ(20.3×25.4cm)と、飾りやすく、値段も手ごろとのこと。
 
ロックミュージックは1960年代に隆盛期を迎え、数多くの伝説的アーティストを生みだした。当時、アーティストと親密な時間を過ごした写真家たちは、オンステージ、オフステージ通じて特別な写真を多数残しており、その貴重な姿を見られる機会となっている。

ロックファンにはたまらない本展示。
大阪など、熱心なロックファンが遠方から足を運ぶ観客もいるようだが、もし購入を検討しているが来られない場合は、メールにて問い合わせも可能だ。

問い合わせ先:72Gallery(TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY)
メール photo@tip.or.jp、電話 03-5524-6994(12:00〜19:00/月・火 休館)
 

『クラシックロックフォトグラフィー展示会 Classic Rock Photography Exhibition 』

日程 :2019年7月3日(水)~7月14日(日)(月・火曜日休館)
時間 :12:00〜19:00(最終日は17:00まで)
会場 :TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY・72ギャラリー(〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル1F)/東京メトロ銀座線 京橋駅より徒歩1分
入場料 :無料
Webサイト:tip.or.jp/2019/3476

あわせて読みたい

藤原慶『目が覚めて』展が東京・京橋72Galleryで開催、ギャラリートークも