内藤由樹の海外武者修行ログ
vol.1 おかっぱにした話


2012年関西で行われた日本最大級の写真イベント「御苗場」でレビュアー賞を受賞した注目若手作家・内藤由樹。
現在世界各地を旅しながら写真を撮影している。
http://yuki-naito.tumblr.com

日本を出る前に、私は髪を切りました。
美容師に伝えたリクエストは「日本人っぽい感じ」です。
結果、おしゃれおかっぱになりました。

パリにいた時、超高級おしゃれクラブにいきました。
先輩の用事に着いて行ったのですが、ひとりでポツンとしてしまいました。
まわりはおしゃれフランス人ばかりなのでどうしたらいいのかわからず
隅っこの方で静かに呑んでいました。
そしたらかわいいパリジェンヌのお姉さんが話しかけてくれました。
お姉さんは、「私とっても日本が好きなの。あなたの髪型コケシみたい!可愛い!」と言って
構ってくれて、最後に写真も撮りました。

NYでは、若者の集まるイケイケのクラブにいきました。
友達とはぐれてしまい、またまたひとりで呑んでいたらとてもゴツイアメリカ人のお兄さんが隣に来て、
「俺は日本が好きなんだ。
お前の髪型は火垂るの墓の節子を思い出させる。日本の話をしてくれ。」と言いました。
怖かった。
しばらく話していると急に涙ぐんで「あの時は済まなかった。許してくれ。」と言いました。
(たぶん戦争のこと?)
めんどくさかった。
最後は二人で世界平和について話し合い、
今までいろいろあったけどこれからなかよくしようぜ。ってことでまとまりました。

ある程度どこに行っても日本が好きな人がいるもんだなあと思って安心しました。
おかっぱにして良かったです。

内藤由樹 / ないとうゆき
1987 年大阪府生まれ。2013年 キヤノン写真新世紀 佐内正史選・佳作/第2回御苗場夢の先プロジェクトグランプリ/キヤノンフォトグラファーズセッション ファイナリスト/2012 年 御苗場vol.11 関西 レビュアー賞/写真集に「being」(2013年・TIP BOOKS)がある。

次の話を読む

vol.2 はじめて英語で本気の喧嘩をしようとしてできなかった話
vol.3 学校見学とNYの人情に触れた話
vol.4 新しいところに移るのは怖い話

記事一覧はこちら