写真家を志す人へ
テラウチマサトの写真の教科書
第12回 「御苗場」の出展者に伝えたいこと


横浜・大さん橋ホール

本記事は、3月1日(木)~4日(日)まで横浜・大さん橋ホールにて開催される、「御苗場2018」出展者に向けた、作品制作レクチャーイベント「ナエラボ」のトークショーを一部抜粋したものです。「御苗場」について、作品のPR方法について、テラウチマサトが語りました。

御苗場(おなえば)とは?
御苗場は、“自分の未来に苗を植える場所”という思いのもと、2006年にはじまった日本最大級の写真展です。これまでにのべ3500組以上が参加。御苗場をきっかけに世界で活躍する写真家も多数生まれています。横浜では、幅1500mm(一般ブース)の壁の中で創意工夫凝らされた展示が立ち並びます。300組以上の出展者、それ以上の数多くの写真好きの来場者たちと交流し、語り合い、仲間になる「出合い」の場です。

「御苗場」は裏原宿

私は、2010年にNYフォトフェスティバルで展示をしたことがあります。フォトフェスっていうのは大きな広いイベント会場や野外などでやることが多く、「見せる環境」という意味でいえば、とりわけ素晴らしいわけではないんですよ。

外光が差し込んできたり、あるいは暗かったり、展示場所によって全然光の入り方が違う。
しかも自分では場所が選べないことがほとんど。

でも、ほんとうに新しいものが生まれてくる場所って、私にはそういう混沌としたところから生まれるというイメージがあるんです。

御苗場も同じで、きれいに美術館のような展示はしてなくって、わざと展示壁を蛇行させたり、狭いエリアをつくったり、広いエリアをつくったりしています。

それに対して、時々、「見にくいのでは?」と意見を言われることもありますが、私にとって、御苗場は「裏原宿」みたいなものにしたいのです。

「表参道」というブランドストリートは確かにすごいし、美しいけど、あのブランドが更に大きくなるとは私の中では思えない。未来は想定内にある場所。一方で、〝裏原〟には世界に羽ばたいていったコム・デ・ギャルソンのように、想定外の未来を感じます。

御苗場は、「自分の未来に苗を植える場所」という命名の由来があります。無審査だから、色んな人が出てくる。優秀な人もいれば、未来の天才もいる。未来も今と同じ人もいるかもしれないし、玉石混交なんですけど、そこが面白いんです。想定以上の未来を生み出すかもしれない場所。

本来、御苗場っていうのは何かが生まれる場所だし、卵の孵化装置にしたいからごちゃごちゃにしたいし、実は条件が違っても面白いと思うんです。大切なのは、そういうところから這い上がってくる力があるかどうかだと考えているんです。

 

自分の作品は美術史の中でどの流れか

数年前かなぁ、どのくらい前からかは調べてみなきゃいけないけれど、花や風景、日常のシーンなどを、2~3絞りほどオーバーに撮る、色味の明るいハイキーな写真が流行ったことがあります。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ