内藤由樹の海外武者修行ログ
vol.11 カツアゲくんと仲良くなった話


2012年関西で行われた日本最大級の写真イベント「御苗場」でレビュアー賞を受賞した注目若手作家・内藤由樹。
現在世界各地を旅しながら写真を撮影している。
http://yuki-naito.tumblr.com

そんなひとりで旅行してて危なかったこと無いの?とよく聞かれますが、あるに決まってます。
タイで野良犬に追いかけられたり(号泣)、エチオピアでぼこぼこにされて肋骨が痛くなったり。
でもまだ大事には至っていません。
本当に、気をつけなければ。

グアテマラの、比較的安全と言われている町・アンティグアでもこんなことがありました。
そこでは3週間だけスペイン語のクラスをとっていて、授業が終わったら毎日カフェで勉強していました。
ある日、いつも通っているカフェからの帰路で、
強盗?物取り?カツアゲ(という響きが懐かしい)にあいました。
おいそこのチャイニーズ、金だせよ。と
おおーついにわたしも!初物取りだ!と思ったのですが
しかしその日は32ケツァール(グアテマラのお金で400円くらい)しかなくて、
カフェで12ケツァールのカフェラテ飲んだので20ケツァールしか持ってませんでした。
iPhoneもパソコンも持っていませんでした。

そいつに、チャイニーズじゃなくてジャパニーズだよ。と訂正しつつ、
悪いけど今こんだけしかお金無いけど…要る?
と聞くと
何で日本人のくせにそんだけしか持ってないねん!日本は金持ちじゃないん!?
と激怒し(でもお金とられた)、電柱を蹴ってひとりで痛いっとか言ってて、バカなのかなあと思いながら、
まあまあ落ち着きなよー
となだめて道端に座ってお話しました。
自己紹介から始まり、何でカツアゲしてんのー?とか身の上話になり、わたしの武者修行の話になり、
なにそれ、そんなフラフラしてて写真家になれんの?
と痛いとこを突かれ、
だまれ泥棒のくせに!
と思わず怒り、
悪かったよ、ちょっとそこのバーでビールでも呑もうぜ!
と言われ、
あんたのせいでわたし今一文無しなのよ?
と答えると
奢ってやるから!
と言うので
じゃあまあいいか。
とバーに行きました。

10ケツァールのビールを1杯づつ飲んだのですが、
あれ、こいつ奢ってやるとか偉そうにしてるけど、
これわたしから盗んだ20ケツァールだから私のおごりやん。
と思って突っ込むと
OK!じゃあもう1杯呑め!
と超ドヤ顔で言いました。
だとしてもわたしは自分のお金で良く知らないカツアゲのグアテマラ人と呑んでるだけです。
でもなんか、その時はそれを言うスペイン語力がなかったので黙っておきました。
そのカツアゲくんはカツアゲする以外はなかなか良いやつでたくさん話した。
それからも何度か町中で顔を合わせては立ち話をする仲になりました。

写真の犬は、そのカツアゲくんの犬。名前が無かったのでポチと名付けた。

内藤由樹 / ないとうゆき
1987 年大阪府生まれ。2013年 キヤノン写真新世紀 佐内正史選・佳作/第2回御苗場夢の先プロジェクトグランプリ/キヤノンフォトグラファーズセッション ファイナリスト/2012 年 御苗場vol.11 関西 レビュアー賞/写真集に「being」(2013年・TIP BOOKS)がある。

本連載の他の記事を読む!