飯沢耕太郎が選ぶ「時代に残る写真集」Vol.1
志賀理江子『螺旋海岸|album』(赤々舎)2013年


志賀理江子『螺旋海岸|album』(赤々舎)2013年

飯沢耕太郎 いいざわこうたろう
写真評論家。1954年宮城県生まれ。1977年日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書1996)、『デジグラフィ』(中央公論新社 2004)、『写真的思考』(河出ブックス 2009)、『深読み! 日本写真の超名作100』(パイインターナショナル 2012)などがある。

飯沢耕太郎と写真集を読む Vol.32 「赤々舎の写真集を読む」
2017年10月15日(日)10:00~11:30
写真集食堂めぐたま
ゲスト:姫野希美さん(赤々舎代表取締役・ディレクター)

「震災後の写真」の、最も優れた成果のひとつ

 1980年に愛知県で生まれた志賀理江子は、1999~2004年にロンドンに留学する。2008年に写真集『CANARY』(赤々舎)、『Lilly』(アートビートパブリッシャーズ)で第33回木村伊兵衛写真賞を受賞。東日本大震災の前後に制作された作品群は、驚くべき強度に達し、大きな反響を呼び起こした。志賀理江子は2008年から宮城県名取市北釜に居を移し、「専属カメラマン」として地域の住人たちと交流しながら活動を展開していった。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。
※当Webマガジンは、富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)の
アカウントでのログインも可能です。

プレミアム読者のお申し込みはコチラ