【写真好きにおすすめ】タイ北部・ナーン市内で巡るべき8つのスポット


【写真好きにおすすめ】”心地いい写真旅”ができる、タイ北部の魅力でお届けした、ナーン市内のおすすめスポットをさらに詳しくご紹介!

まちの中心部に見逃せないスポットがぎゅっと集まっているナーンではホテルやツーリストセンターで自転車を借りてまわるのがおすすめです。ここでは、ナーン市内のおすすめスポット8つをご紹介します。

1.朝の賑わいを写そう タンチット・ヌソーン市場

早起きして、地元の人でにぎわう朝市へ。道路わきにシートを広げて売られているのは、野菜や果物、お花に生きたカエルまで、なんでも揃います。タイ語が飛び交う市場で、思い切って声をかけて撮らせてもらうと、みんなはにかみながら笑顔を向けてくれました。大通りの市場はバイクや自転車で仕入れに来ている人も多いので、気をつけながら撮影しましょう。
(左)目線が欲しいときは「モンクローン(カメラを見て)」と声をかけてみましょう。(右)托鉢や参拝用のお花がたくさん並びます。北部の朝は寒く、みんな帽子やストールで防寒をしていました。

ドライフルーツや香辛料、揚げたてのドーナツなど、いろんなものに目移りしてしまいます。
 

2.真っ白な装飾がフォトジェニック ワット・ミン・ムアン

ナーンの創建時に立てられた守護柱「ラック・ムアン」が祀られる寺院。真っ白な装飾が印象的で、象やクジャク、うさぎやサルなどの動物、花や植物をモチーフにしたものなど、さまざまなレリーフ(浮き彫り細工)が柱や壁全体に散りばめられています。屋根も細部にまで彫刻が施されているので、青空をバックに一部を切り撮っても画になりますよ。

(左)守護柱と奥の本堂の両方にお参りをします。(右)守護柱は土地によって特徴が異なります。ナーンのものは上部に4つの顔があり、東西南北、どこにいても見守ってくれているのだそう。

カラフルなリボンを巻きつけてお祈りをします。子どもが一生懸命に巻く様子がかわいい。
 

3.見ると幸せになれる!?ささやく人の壁画

まちの中心に位置するワット・プーミン。本堂の内部は、お釈迦様の物語やナーンの人々の暮らしを描いた壁画で埋め尽くされています。なかでも人気なのは、男性が女性の耳に手を当てて愛をささやく姿を描いた「ささやく人の壁画」。この絵をプリントしたTシャツやバッグなどのお土産もたくさんあり、ナーンのアイコン的存在になっています。

熱心にお祈りするタイの人たち。ささやく人のほかにも歴史ある壁画が残ります。
 

4.インスタ映えで人気!プルメリアのトンネル

ワット・プーミンからも近い、プルメリアのトンネル。近年、インスタ映えスポットとして人気で、若者や家族連れが多く訪れています。春~初夏には白い花を咲かせますが、枝から落ちる影も美しく画になります。
同じ敷地内には、西洋とタイ北部の建築様式が混ざったナーン国立博物館があり、黒象牙の工芸品などナーンの歴史を伝える資料が展示されています。
 

5.ナーンのまちを見守る仏像と夜明けを共に ワット・プラタート・カオノーイ

中心部から車で10分ほど。黄金の立像が市内を見守るように建つ、ナーンのまち並みが一望できる寺院。日の出をねらって行けば、夜明けのマジックアワーに浮かび上がる荘厳な雰囲気を撮影できます。鶏の鳴き声や朝食の支度の煙が家々からあがり、タイの朝の始まりを感じられるスポットです。
仏教で重要な木のひとつ、沙羅の木がきれいな花を咲かせていました。
 

6.ナーンの伝統的な暮らしを知る ザ・ノーブル・ハウス

ナーン領主の末裔チャオ・フォンカムさんが所有していた、チーク材でつくられた高床式の建物。現在はナーンの伝統的な暮らしを伝えるための博物館として公開されており、織物や当時の部屋の様子などを見学できます。南国らしい植物や花に囲まれた気持ちのいい場所です。
 

7.約600年前に建てられた黄金の仏塔 ワット・プラタート・チェー・ヘーン

ナーン川の東側にある、参拝者の絶えない人気の寺院。約600年前に建てられたという黄金の仏塔の高さは55.5mもあり、寺院のシンボルになっています。卯年生まれの人が訪れると良いとされており、敷地内にはたくさんのうさぎの置物が置かれています。
 

8.夜はナイトマーケットに繰り出そう!

ささやく人の壁画がある寺院、ワット・プーミンを中心に開かれる週末限定のナイトマーケット。ストリートを通行止めにして、揚げ物やヌードル、フルーツにデザートなどの屋台がずらりと並びます。昼間のゆったりとした雰囲気から一転、お祭りのようなにぎやかさで、広場の舞台では地元ミュージシャンによるライブ演奏もされています。織物のポーチやバッグ、Tシャツなど気軽に買えるお土産ものも豊富です。


ナーン、プレー、ランパーンへの写真旅。ほかのエリアの記事もぜひチェックしてみてくださいね。

タイ北部への旅撮影ツアーのお知らせ

テラウチマサトと行く 【タイ北部への旅】撮影ツアーのお知らせ

Have a nice PHOTO!の他の記事を読む

Have a nice PHOTO! とは?
「地域×写真」をテーマに、週末に写真を撮りに出かけたくなる地域の魅力を紹介。旅先での写真の撮り方や、旅にぴったりのアイテム紹介など、写真好きがそこに足を運んでみたくなるような情報をぎゅっと詰め込んでお伝えします。<設置場所はこちら