誰にも真似できない海の写真を撮るには?
テラウチマサトの写真の教科書17



本記事は、6月1日(金)に開催されたトークショー「夏だ!サマーだ!海撮ろう!!」の一部を抜粋したものです。5月に発売した写真集「タヒチ 昼と夜の間」の撮影裏話や、海撮影のヒントをお届けします。

 

死に場所はタヒチ?

随分長い間写真を撮ってきたが、その中で常に考えていたことがある。
それは、どんな死に方をしたら写真家らしく死ねるか?ということだ。

どこかの砂漠でカラカラになって発見されたり、雪山に登ったまま帰ってこなかったり。あの広大な砂漠のどこかに、あるいはあの氷河のどこかにいるんだろうなと誰かに囁かれる自分の姿を想像してみる。写真家らしい死に方だなあと。

そんなことを考えていた僕にとって、タヒチの海は格別な存在だった。
自分が死ぬなら、この海かなと、そう信じていた。

30代の頃、経営コンサルティング会社の船井総合研究所の船井幸雄会長との共著で、「癒しの島々」という写真集を出した。それが売れたことで、僕は海ばかり撮っていた。
海撮影が続く中で、将来の死に場所を探す気持ちを抱きながら、ある時、タヒチの海に潜った。
でも、潜った瞬間に、ここはそんな場所じゃないと直感的に分かった。
ここはそんな死を求めるような場所じゃない。もっとしっかり自分自身と向き合って写真を撮れとタヒチの波に、語りかけられたようだった。

 

特別な波を撮るために必要なこと

背中を強く押してくれたタヒチの海を、普通の人とは同じように撮りたくない。
そんな特別な海や波を自分なりに切りとるために、いくつか大切にしていることがある。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ