いいポートレイトってなんだ?
テラウチマサトの写真の教科書18


今年から始まった、ポートレイトに特化した新しい写真展『みんなのポートレイト展』
審査に通過した一般応募の方のポートレイト作品と、招待作家の作品が一挙に並びます。
会期中は豪華ゲストによるトークイベントも。
盛り上がりを見せる同展示について、主催者であるテラウチマサトがその想いを語ります。

いいポートレイトってなんだ?

新しい写真のコミュニティをつくりたいと思って始めた御苗場。最初は小さな活動だったけれど、その規模は徐々に大きくなってきた。

今年開催した横浜御苗場2018では、来場者11,990人を動員。そして、会場には多くのポートレイト作品が並んだ。
その中で、来場した方から度々こう声を掛けられた。
「今年の御苗場、ポートレイトが増えましたね」

僕は、その言葉の中にどこかマイナスな意味合いがあるような気がした。
さらに続けて男性目線のポートレイトばかりに見えるという声もあった。
確かに男性が女性を撮った写真が多かったかもしれないけれど、きっとそれだけではないはずだ。

僕の仕事の6割はポートレイトだ。プロになるきっかけも経営者や政治家の撮影の仕事からだった。
元々出版社にいた関係もあって政界人の方を撮る機会も多く、松下幸之助さんや本田宗一郎さんなど歴史に名を残す方を撮影する機会にも恵まれた。

ありがたいことに、僕が撮った方からは「また次もお願いしたい」と言われることが多かった。すごいとみんなに褒められたけれど、僕は自分のポートレイトのどこがいいのか全くわからなかったから実は指名されることがとても怖かった。
期待されていることが本当にできるのか、どこに期待されているのか、何もわからなかったのだ。

そんな撮影をこなす中で、ポートレイトを研究するようになり、独立してからは芸能人を撮ることも増えた。ポートレイトというジャンルにはずっと関わってきて、とても思い入れがあるし、自分なりにこだわってきたつもりだ。

でも、御苗場でポートレイトに対する言葉を聞いた時に、僕はもう1度ポートレイトの在り方を考えなければいけないと思った。ポートレイトが何なのかわからずに、研究した日々を思い出した。

本当にみんながいいと言うポートレイトって、どんなものなんだろう。
風景写真と共に、ポートレイトというジャンルは進化が著しい。

そんな変化する今だからこそ、ポートレイトとまっすぐ見つめ合う機会を設けよう。
御苗場という場所とは別に、ポートレイトだけの御苗場のような舞台を用意することで、ポートレイトに関わる人たちと一緒に考えていきたい、そう思った。

可愛い女の子を撮っただけだと言われているものであっても、ヌードであっても、幅広い写真が増えれば増えるほど、ポートレイトの世界はきっと広がっていくはずだ。
誰かを、どれかを区別したり、遠ざけたりしない。みんなでポートレイトを考えよう。
そんな想いで、「みんなのポートレイト展」を開催した。

“みんな”の意味

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ