名画に学ぶポートレート写真!フェルメール「真珠の耳飾りの少女」にトライ


「光の魔術師」とも称される、ヨハネス・フェルメールの名作「真珠の耳飾りの少女」。
誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。

そんな世界の名画には、魅力的なポートレートを撮るための、どのようなエッセンスが含まれているのか。
写真家の齋藤岳実さんと、この絵に隠された“いいポートレートの要素”を分解しました!

※この記事は、PHaT PHOTO vol.75「変わる!私のポートレイト」の記事をもとに構成しています。

齋藤岳実(さいとうたけみ)
1985 年栃木県生まれ。2008 年東京工芸大学芸術学部写真学科を卒業。出版社勤務後、2011 年に独立。2011年「御苗場 in NY」に選ばれ New York Photo Festival(アメリカ)に参加する。SOUS LES ETOILES gallery(アメリカ)に て『BREEZELESS』展出展、72Gallery にて個展 『ズッコケ標本展』を開催。
howloml.tumblr.com

model:Kitayama Yui

名画を「真似て」徹底分析!

こちらが、撮影した「真珠の耳飾りの少女」。

本物と比べてみると…

PHaT PHOTO「変わる!私のポートレイト」号

なかなか良く撮れていると思いませんか?
この写真を分解して、「良いポートレートの要素」を探っていきましょう。

 

■まずは、青いターバンの「グラデーション」に注目

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ