全ページ「観音開き」! 世界中を驚嘆させた川田喜久治『地図』|飯沢耕太郎が選ぶ「時代に残る写真集」Vol.12


川田喜久治『地図』美術出版社、1965年

川田喜久治は1933年、茨城県土浦市に生まれる。立教大学在学中から『カメラ』の月例写真に投稿して頭角を現し、同大学卒業後、1955〜59年に新潮社に勤務する。1959年、奈良原一高、東松照明、細江英公らと写真家グループVIVOを結成、61年に解散後、『地図』、『聖なる世界』(1971年)、『ルードヴィヒⅡ世の城』(1979年)など、意欲作を次々に発表して日本を代表する写真家のひとりとして認められた。

川田 喜久治写真展「百幻影-100 Illusions」
日程:開催中~2018年10月11日(木)
時間:10:00~17:30
休廊:日曜日・祝日
場所:キヤノンギャラリー S
住所:東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー1階

『地図』について語る時に、まず取り上げなければならないのは、その特異なブックデザインであろう。黒い厚紙の外箱を開くと、セピア色がかった表紙の本体が姿をあらわす。

そこにおさめられた96枚の写真は、すべて「観音開き」のページ構成になっている。つまりページをめくるごとに、
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ