独学で写真を始めた佐内正史29歳のデビュー作『生きている』が出た経緯とは?|飯沢耕太郎が選ぶ時代に残る写真集


写真集『生きている』青幻舎(1997年)

 佐内正史は1968年、静岡県で生まれた。独学で写真を撮り始め、1995年に第4回キヤノン写真新世紀優秀賞を受賞する。1997年、最初の写真集『生きている』を刊行して一躍注目され、以後、『わからない』(光琳社出版、1998年)、『俺の車』(メタローグ、2001年)など次々に写真集を刊行して時代の波に乗った。2002年に私家版で刊行した『MAP』で第28回木村伊兵衛写真賞を受賞。以後も、2008年に自主レーベル「対照」を立ち上げ、写真集『浮浪』、『DUST』を刊行するなど、精力的に活動を続けている。
写真集『生きている』より

 佐内正史は1995年の第4回写真新世紀で優秀賞(浅葉克己選)を受賞し、それをきっかけに静岡から上京して写真家として活動し始めた。だが、まったく仕事にならず、アルバイトで食いつなぐ日々を過ごす。愛用のペンタックス6×7のフィルムを買えないので、シャッターを空押しするだけということもあったという。
写真集『生きている』より

 当時彼は、プリントをそのまま製本したモノクロームの私家版写真集『Trouble in Mind』をまとめていた。のちにオレンジがかった色にプリントし直して、2008年にマッチアンドカンパニーから再版されるこのシリーズを見ると、ぎりぎりの精神状態で撮影された風景が、ミリ単位の厳密な構図の画面に定着されている。その息苦しいほどの緊張感は、見ていて辛くなってくるほどだ。
写真集『Trouble in Mind』(マッチアンドカンパニー)
写真集『Trouble in Mind』より
写真集『Trouble in Mind』より

だが、
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ