ソニー ワールド フォトグラフィー アワード2018 日本部門賞表彰式レポート!


ソニー ワールド フォトグラフィー アワードの一般公募部門に応募した日本人の中から選ばれる、ナショナルアワード(日本部門賞)。
2018年7月1日に、本選で選ばれた日本部門賞授賞式が東京・GINZA SIXにて開催され、同賞審査員で写真家のハービー・山口氏から受賞者への表彰が行われました。

photo report byヤン・ケビン(御苗場・ソニー賞 受賞者)

ナショナルアワードとは?
今年で5年目を迎えるナショナルアワード。ソニー ワールド フォトグラフィー アワード一般公募部門の10カテゴリーに応募のあった作品から、日本を含むナショナルアワード実施国各国の専門家で構成される審査員がベストの1枚を見出して表彰します。ナショナルアワードの受賞者にはソニー製デジタルカメラが贈られ、受賞作品はロンドン・サマセットハウスで行われる写真展で展示されます。

 

同部門賞は、SWPAの一般公募部門に応募があった作品から、対象となる国ごとに審査員が上位3名を選び表彰するもの。今年は、鈴木悠介氏、鈴木淳也氏、中澤隆氏の3名が選ばれています。

▲左から澤村宣亮氏(ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社マーケティング部門部門長)、鈴木悠介氏(日本部門賞1位)、中澤隆氏(同3位)、ハービー・山口氏(写真家・審査員)

▲受賞作品の前で講評するハービー・山口氏。
日本賞受賞作品とハービー・山口氏による個別の審査コメントはこちらから。

今回が第12回目となる2019年度「ソニー ワールド フォトグラフィー アワード」。シリーズでの応募となるプロフェッショナル部門、1枚単位での応募が可能な一般公募部門、また12歳から19歳を対象にしたユース部門、全日制コースで写真を学ぶ学生を対象にした学生部門など、それぞれのキャリアステージに合わせて応募が可能。

費用も無料でありながら、受賞者の世界的なメディア露出は類を見ない規模という事もあり、日本人写真家にとって飛躍のチャンスでもあります。興味のある方は、是非詳細をご覧ください。

 
いかがでしたか?
SWPAの応募要項については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
公式サイトでは他の受賞作品等も公開しているので、チェックして挑戦してみてくださいね。