御苗場2019 エプソン賞 ノミネート&受賞作品の選出理由を公開!


2019年2月28日(木)~3月3日(日)までの4日間、横浜・大さん橋ホールにて開催された日本最大級の写真展イベント「御苗場2019」。270以上の写真好きによる個性豊かな展示のなかから、レビュアー賞、スポンサー賞などを受賞した作品をご紹介しています。

本記事では、エプソン賞のノミネート作品と受賞作品を一挙ご紹介します。ノミネートの選出理由も掲載していますので、作品と一緒にぜひご覧ください。

■ノミネート作品
W039 こぎろー
W044 石戸 俊夫
T12 八木 香保里
S04成瀬 夢
■エプソン賞・受賞
T40 谷川 真紀子

 

 

ノミネート作品

選出理由
近年の御苗場ではポートレートの作品も多く、そのクオリティの高さに驚かされる。ポートレートは被写体の魅力や世界観を表現したものが多かったが、こぎろーさんのポートレートは被写体の魅力を通じて、生活の中の興味あるものを紹介していくという独自の表現方法が面白かった。

石戸俊夫さんも、八木香保里さんも方向性は違うが、身近な疑問や感動を私的表現にとどめず、見る人のへのメッセージ性がしっかりとしていた。また、成瀬夢さんの写真も高校生ながら、写真の力を信じているからこそ撮れる、生きる活力を感じる写真であった。

今回からテールブル展示が始まり、写真の見せ方や価値の作り方が今後大きく変わっていきそうだ。写真の発表の場はWEBが主流の中、ここから新しい写真の在り方が生まれそうで期待せざるをえない。

 

W039 こぎろー


 

W044 石戸 俊夫


 

T12 八木 香保里


 

S04成瀬 夢


 

受賞作品

T40 谷川 真紀子

エプソン賞 選出理由

谷川さんの作品を選ばせていただいた理由は、まずはその圧倒的な視覚的強さ。写真の強さですね。会場を周った1周目で決めました。その後、よく写真を眺めてみると人物の皺や髪の中に、人の歴史や積み重ねてきたものが見えてきました。最初のインパクトだけで終わらない魅力があります。

そしてもう1つは、今回からはじまったテーブル展示をあえて選択されたこと。御苗場は壁面展示が主流ですが、お話を伺ってみると、実際に自分の作品を手に取ってもらいたいという想いでテーブルを選ばれたとのことでした。紙の重さや質感、作品との距離、そういったものを見る人に委ねることによって、自身の作品をより深く理解してもらいたい。理由が明確で、テーブル展示を選ばれたことにも納得しました。写真の強さ、意識的な展示方法、その2つが上手く機能したのではないかと思います。


いかがでしたか?
ノミネートされたみなさま、おめでとうございます!
ほかにも、御苗場2019のノミネート作品とその理由を紹介しているので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい

御苗場2019 エプソン賞 受賞者インタビュー<谷川真紀子>

【速報!】御苗場2019 受賞者作品&選出理由を発表!