EXPOSURES
海外写真家たちのプロジェクト アリス・ショウ


今回紹介するのは、サンフランシスコ在住のアーティスト アリス・ショウ。
ドローイングやインスタレーションなど写真の枠にとどまらない表現で発信されるプロジェクトの数々を紹介する。
text:兼子裕代(写真家)

People Who Look Like Me(1998-2006)

写真は鏡か窓のどちらか――
セルフポートレイト・シリーズ(People who look like me

サンフランシスコ在住のアーティスト、アリス・ショウとは、時期は異なるが、同じ大学院(サンフランシスコ・アート.インスティチュート)出身という縁で、13年ほど前に知り合った。

「前歯の真ん中に隙間が空いているでしょう?」と自分が写っている写真を見せながら、口を開けてすきっ歯を見せてくれたのが印象的で、その気取りの無さは、いわゆる“芸術写真”とはかけ離れた、スナップショットのようなセルフポートレイトの作品と、そのまま重なった。

People who look like me (1998-2006)』は、アリスと他の誰かのツーショットで構成されたセルフポートレイト・シリーズで、一見ただの記念写真のようであるけれど、よく見ると服や髪型が似ていたり、メガネが同じだったり、それこそ同じすきっ歯だったりと、ツーショットの相手は性別(動物も!)も年齢もまちまちだが、どこかに共通点のある人たちが並んで写っている。

People Who Look Like Me(1998-2006)

「ジョン・シャカウスキー(※)が『写真は鏡か窓のどちらかである』と言っていますが、私は間違いなく鏡タイプの写真家で、そうだとしたら、 私自身を反映している被写体を私が一方的に撮影するのではなく、私と私を反映しているものを一緒に撮影してみたらどうかと考えたのです」

つまりアリスはこの作品で、カメラの裏から表に出て、撮影者と被写体という対立関係を同列関係にして見せているのである。
※John Szarkowski, 1925-2007。1962年から1991年までニューヨークMoMAの写真部門のディレクターを務める。


People Who Look Like Me(1998-2006)

「似た2人が並んでいるというスタイルは双子というアイディアから発生しています。17歳の時に双子の妹ができて、当時写真を始めたばかりの私は、彼女たちを沢山撮ったのだけれど、その中の1枚がダイアン・アーバスの有名な双子写真にそっくりだったの。うちは両親ともアーティストだったので、家にはたくさんのアート本があるのだけれど、ダイアン・アーバスの写真集も本棚に立てかけてあって、毎日のようにあの双子を眺めているうちに、ダイアン・アーバスの写真はそこに写っている人というより写真家そのものなんだと思い至ったのよ」

このように、アリスの初期作品には、他者と自分の相違と共通をテーマにした作品が多く、アイデンティティの問題が重層的に貫かれている。

逃れられない「不思議の国のアリス」

Alice Revisited (2004)』 は「自分の名前は 『不思議の国のアリス』(ルイス・キャロル)から逃れられることができない」と幼少時に思い込んだことから、「不思議の国のアリス」のイラストと自分の子供時代の写真をトレースし、1枚に組み合わせたドローイング作品である。

現実では自分が「不思議の国のアリス」という絵本を見ていたはずなのに、絵本のアリスに自分を覗き見させ、それをバットで振り払おうとするなど、虚実と愛憎が混ぜ合わさった極めてパーソナルな「不思議の国のアリス」が展開されている。
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ