馬と人と猫の不思議な関係
津乗健太が撮る船橋競馬場の猫


千葉県船橋市にある、船橋競馬場の厩舎に暮らす猫を撮影している津乗健太さん。
厩務員(きゅうむいん)として馬の世話をしながら、
厩舎に出入りする猫たちを撮り続けてきました。
今年1月には、新しい写真集「人情船橋競馬場厩舎ネコ物語」を出版。
責任編集は、写真家の北井一夫さん(※)が手掛けました。
(※)木村伊兵衛写真賞の第1回受賞者

馬の側を自由に行き来する猫の姿は、競馬場でしか撮れない光景。
厩務員だからこそ撮影できたこの写真は、ユーモラスで、力強いものばかりです。
人に媚びず自由気ままに暮らす猫たちの魅力と、写真集に込められた想いなどを訊きました。

なんでもない場面を、なんでもなく撮りたい

――津乗さんは、馬の世話をする厩務員として競馬場で働かれていましたよね。なぜ、厩舎で働かれていて馬ではなく猫を撮影しようと思ったのですか?

津乗 意外かもしれないんですけど、厩舎に猫はつきものなんです。馬の餌や麦をねらって出るネズミを捕りに、猫が寄ってくるんですね。もちろん馬も撮っていたんですが、あまり特別なものは撮れていないような気がして。猫は図々しく動き回っていて、やっぱり面白い存在だったんです。思わずシャッターを切ってしまうような不思議な魅力がありました

photo:Kenta Tsunori

――競馬場に猫が多いとは知りませんでした。

津乗 もちろんいつも丁度よく猫が出てきてくれるわけではなく、面白い写真が撮れない時期がずっと続くこともあります。でも調子が悪くても、シャッターは切れるんです。ということは、自分の中に何か特別な気持ちがまだ残っているということなんですよね。その気持ちを信じて、とにかく撮る。カメラを持ってひたすらウロウロする。そうすると、猫がいいタイミングで現れてくれることがあるんです。

――待ち続けるのは大変ですね…。でも、だからこそ津乗さんの写真は、飾らない猫の自然な姿が写っています。

photo:Kenta Tsunori

津乗 僕は基本的には、なんでもない普通の場面を、なんでもなく撮りたいんです。さらっと自然に、気合を入れないで撮ったような写真が好きなので。でも、スランプの時は頑張って撮ろうとしていて、いつもとは向かう姿勢が違うんですけど、後から見るとこれもそんなに悪くないなと思うこともあります。猫はどう転んでも面白いのかもしれないですね。

 

パンクな厩舎の猫の生き方

――写真集を出版されましたが、その経緯を教えていただけますか?

津乗 北井一夫先生に写真を見ていただいたのがきっかけです。2、3年前に先生の『フナバシストーリー』という写真展に行った時に、はじめて会って挨拶させていただいて。その後、僕が去年の10月くらいに船橋で個展をやったんですが、それを北井先生が見に来てくださったんです。

去年の暮れにまた先生が個展をやっていて、その会場に見に行った時に、自分の作品をまとめた小冊子を渡しました。これ貰ってやってくださいという感じで。そしたら先生がビリケンギャラリーの方に、面白いよって薦めてくださって。それでギャラリーに写真を見てもらいに持って行ったら、ワイズ出版さんを紹介してくださったんです。なんだかトントン拍子に出版が決まりました。

――どんな写真が収録されているんでしょうか。

津乗 今までコニカミノルタプラザで個展を3回ほどやっているんですが、その今までの作品をまとめた総集編のような感じになっています。実は僕は細かいことを考えずに、北井先生にお任せして、そこから先生が新しいとか古いとか何も知らない中で選んだ47枚なんです。順番とかも全部決めてくださって。

――「人情船橋競馬場厩舎ネコ物語」というタイトルが印象的でした。

津乗 それも北井先生が考えてくれました。僕はずっと『楽しくなさそうにはしていない猫』という題名で個展をやっていて、それがすごく気に入っていたんです。ずっと競馬場の猫の写真に関してはそれしかないと思っていたんですけど、先生がつけてくださったタイトルが不思議としっくりきたんです。

photo:Kenta Tsunori

――表紙の写真には、人間と猫の微妙な距離が写っていて、「人情」という言葉もぴったりでした。

津乗 猫と人間のつかず離れずの距離感が出ているかなと思います。実は表紙の写真は、僕の中では二軍の写真だったんです。でも、先生が表紙に選ぶからすごくいい写真に見えてきて。長いこと撮ってきたものを人に料理してもらうというのは、新鮮でした。

photo:Kenta Tsunori

――北井先生のセレクトに驚かされることも多かったんですね。

津乗 そうですね。でも、不安に思うことは全くなかったです。何が正解か分からずに長い間やってきた中で、はっきりと先生が正解を突き付けてくださったような気がして。北井先生に編集していただくなんて軽々しく言える出来事じゃないと思って。のしかかるものが重いので、いい加減なことはできないなと日々感じています。

――津乗さんご自身のこだわりはありますか?

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ