写真家を志す人へ テラウチマサトの写真の教科書
第4回 機材編:写真の出来栄えはレンズで変わる?


写真の学校を卒業したわけでもない、著名な写真家の弟子でもなかったテラウチマサトが、
約30年間も写真家として広告や雑誌、また作品発表をして、国内外で活動できているわけとは?

失敗から身に付けたサバイバル術や、これからのフォトグラファーに必要なこと、
日々の中で大切にしていることなど、アシスタントに伝えたい内容を、月2回の特別エッセイでお届けします。

◆コラムの一覧を見る

第4回 機材編:写真の出来栄えはレンズで変わる?

写真展『RED FISH』より 本作品は「WORLD PHOTOGRAPHIC CUP 2016」のポートレイト部門において日本代表作品として選出された。幼いころ小川で偶然見つけた「赤い魚」を思い出し、構成された異色のポートレイト作品。85㎜/f2.8/SS1/250秒/ISO100/露出補正 +0.3ステップ

デジタルカメラが撮影のメイン機材になってから、カメラはメーカーに拘らなくなった。ニコンもキヤノンもオリンパスもペンタックスも大概のカメラを持っていて、撮影に応じて都度使い分けている。

フィルム時代はカメラが同じでも使うフィルムで仕上がりのテイストを変えることができた。たとえば、この青い海はより発色の鮮やかなこのフィルム! というように。フィルムを変えることで写真の印象を操作できたのだ。

けれどデジタルになってからはフィルムチェンジによる色味の変化ができなくなり、結果、カメラを変えることで代行している。シンプルに言えば、海はこのカメラ、街はこれ、ポートレイトはこのカメラというように、まるで服を着替えるみたいにTPOに応じて使いわけるようになった。

発色性だけでなくシャッター音の違いやボディの大きさ、カメラ内エフェクトが関係することもある。カメラを変えることで同じ青でも微妙に印象が変わる。

フィルムチェンジしていた感覚でカメラ選択を行っているのがデジタルになって変わったこと。もちろんこんなことは撮影後のレタッチでも可能なことだが、よりスピーディに仕事を仕上げる必要から、仕上がりイメージの近いカメラを最初から選ぶ。

しかし機材を揃え、そのボディに使えるレンズをすべて用意するとなると誰にでも進められることではない。プロだからこそのこだわりともいえる。キヤノン派とかニコン派とかって議論を熱く交わしていたことが私には懐かしい。どの機材も同じように揃え使いわけている。だからこそそれぞれの良さも分かるような気がする。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。
※当Webマガジンは、富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)の
アカウントでのログインも可能です。

プレミアム読者のお申し込みはコチラ