ポートフォリオレビューの受け方 4/5
ステートメントの書き方


国内外のフォトフェスティバルなどで行われるポートフォリオレビュー。
「ただ見てもらう」だけに終わらない、「作品を売り込んで結果を出す」ポートフォリオレビューにするには一体どうすればいいのか?
「ポートフォリオレビューの受け方」シリーズの4回目。

第4回では作品と一緒に必要になる「ステートメント」についてお届けします。

<目次>
・写真にテキストが必要な理由
・ステートメントの書き方[ 3つの「なぜ?」を意識する ]
・ステートメントの書き方[ 7つのヒント ]

ケース、作品に続いて準備しなければいけないのが「ステートメント」。
簡単に言うと、ステートメントとは「作品の説明書」のこと。自分はどんな人間で、なぜこの写真を撮っているのか、この作品はどんな意味を持つのか…作品を見る上でのイントロダクションとなるのがステートメントと言えます。

ステートメントの書き方をお伝えする前に、写真という視覚的なメディアに対して、なぜテキスト(言葉)が必要なのか?ということに触れてから、具体的な方法をお伝えしていきたいと思います。

写真にテキストが必要な理由

写真とは多義的なものである

写真は視覚的なメディアだから、テキストは要らないのでは?と思われる方もいるかもしれません。写真はその特性上、多義的(意味を大量に持つ)なものであるために、テキストが必要なのです。

例えばこちらの猫の写真。

この写真を見て、どんなことを思われましたか?
「かわいい!」「気持ちよさそう~」「何という猫だろう?」などなど…
この写真から何を読み取るか、どんな感想を抱くかはそれぞれが持っている背景や経験に寄ります。この1枚の猫の写真から皆が同じことを読み取るのは難しいですよね。

では、次の写真。同じ写真ですが、ふたつのテキストをつけてみました。
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ