ポートフォリオレビューの受け方 5/5
作品を売り込んで結果を出す方法


国内外のフォトフェスティバルなどで行われるポートフォリオレビュー。
「ただ見てもらう」だけに終わらない、「作品を売り込んで結果を出す」ポートフォリオレビューにするには一体どうすればいいのか?

「ポートフォリオレビューの受け方」シリーズの最終回。

<目次>
・準備しておきたいものリスト
・CV/プロフィールの書き方
・「ただ見てもらう」だけに終わらないプロモの用意
・おさらいとおまけ:ポートフォリオレビューを受けるうえで大切な5つのこと

おさらいとして、準備しておきたいものをもう一度。

準備しておきたいものリスト

■ポートフォリオケース
■作品
■ステートメント
■CV/プロフィール
■展示イメージ(あれば)
■プロモ

最終回ではCV/プロフィール、展示イメージ、プロモについてお届けします。

CV/プロフィールの書き方

CVは履歴書のこと。必要な項目はこちらです。

(1)名前、生まれ年
(2)学歴や経歴
(3)受賞歴
(4)展示歴
(5)レクチャー経験や雑誌掲載など

それぞれ補足をすると、
(2)学歴や経歴:学歴は写真学校でなくても構いません。
(3)受賞歴:あれば掲載したいですが、なくても大丈夫です。
(4)展示歴:個展とグループ展は分けてわけて書きましょう。数多くある場合はブランディングなので、ある程度セレクトすると良いです。
(5)レクチャー経験や雑誌掲載など:こちらもあればぜひ盛り込みましょう。レクチャー経験は学校法人だとより見栄えが良く、雑誌掲載も安心感につながることもあります。

以上のことを盛り込んで、CV/プロフィールをつくっていきましょう。

展示イメージ

もしレビューのなかで「展示イメージはありますか?」と聞かれたら、それはあなたにチャンスが訪れている証拠です。
展示イメージとして押さえておきたいのは下記の3つ。
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ