飯沢耕太郎が選ぶ「時代に残る写真集」Vol.7 北井一夫『村へ』


北井一夫『村へ』淡交社、1980年

北井一夫 写真展『プロパガンダ — 神戸港沖仲仕 — 』
BOOKS f3(ブックス エフサン)
会期:2018年4月26日(木)~5月28日(月) 定休日:火・水曜
時間:13:00~20:00
住所:新潟県新潟市中央区沼垂東2丁目1−17

1944年、旧満洲国鞍山に生まれた北井一夫は、1965年に日本大学芸術学部写真学科を中退し、横須賀の原子力潜水艦寄港阻止闘争、三里塚の空港建設反対運動など、激しく揺れ動く政治闘争の現場にカメラを向けていった。

だが1970年代になると、日本各地の村々を訪ね歩き、変わりゆく風景や人々の暮らしを静かな眼差しで捉える連作を撮影・発表し始めた。それらをまとめたのが、1976年に第一回木村伊兵衛写真賞を受賞する「村へ」である。

「村へ」は1974年1月号〜75年12月号に『アサヒカメラ』に連載され、さらに76年1月号からは「そして村へ」とタイトルを変更して77年6月号まで続いた。

この間に木村伊兵衛写真賞を受賞したことを受けて、1976年10月号の『アサヒカメラ』臨時増刊として『北井一夫「村へ」』というムックが刊行されている。

1980年に刊行された淡交社版は、「別冊よりも時期と場所をひろげて写真を選びなおし再編集」した、このシリーズの決定版というべき写真集である。---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ