自分の作品の価値の付け方|写真「販売」基礎知識 4/12


写真を売ってみたいけれど、何から始めていいかわからない。

急に「作品を売ってほしい」と言われたけれど、値段の付け方やサインの入れ方など知らなくて困った。

そもそも、写真って売れるの?

作品制作を行う写真家やアマチュアの方で、そんな経験をしたり、疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

いつか作品を売ってみたい写真家や、買ってみたいアートファンの方へ。

本記事は、作品販売を仕事にしているギャラリーPOETIC SCAPEのディレクター柿島貴志さんに、写真販売の基礎知識について詳しくご紹介いただく連載です。

※本記事は、現在Tokyo Institute Of Photography(T.I.P)で開催されている、ギャラリーPOETIC SCAPEのディレクター柿島貴志さんによる人気講座の内容を一部抜粋してご紹介しています。講座は若干名のみ受付中(申し込み状況によって完売の可能性あります)

柿島貴志/Takashi Kakishima

大学卒業後に渡英。ロンドンBlake Collegeを経て、Kent Institute of Art and Design(現UCA)ビジュアルコミュニケーション・フォトメディア卒。ITやアート関連企業を経て、2007年にアートフォトレーベルphotta-lot、2011年にギャラリーPOETIC SCAPEを設立。現在はPOETIC SCAPEの経営・ディレクションのほか、写真作品の額装ディレクション、他ギャラリーでの展覧会・イベントディレクション、写真系企業へのビジネスコンサルティングなどを行う。

<今後の更新記事予定>
サインの入れ方、額装やプリントの決定について
写真のプレゼンテーションとルール
成約から納品、次の展示までのTIPS
写真販売シミュレーション

写真家はエディションをどう決めているの?

さて、前回学んだエディションですが、実際に、写真家はみなエディションを決めているのでしょうか。実はそうとも限りません。

オープンエディション

限定数を設けないスタイルのことを、オープンエディションと呼びます。大御所作家(森山大道、荒木経惟など)に多いですが、若手にもいます。

エディションをつけるけど、エディション50にする作家もいます。この数字は、版画だと少ないけど、写真だと多い。写真だと最近は10以下がスタンダードです。

「写真はエディションで区切るものではない」ということを信条にしている作家もいて、有名な中堅写真家でも手に入れやすい場合があります。

安いとみんなが買ってくれるかというとそうでもありませんし、高いとセレブが買うかというとそうでもありません。

そのバランスを考えながら作品の値段をつけて行きます。

エディションはどう管理するのか?

エディションは常に最新の状況を把握しておかなければなりません。いつ、どの作品のエディションが売れたか、日ごろからの管理が大切です。

たとえば、2か所のギャラリーで同時販売している作家の場合は、ステップアップエディションだと、常に最新情報が共有されていないと価格が変わってしまう可能性があります。

ただこちらの管理は、最初に買った人のみ。転売されたときの情報まで管理することは、現実的に難しいですね。

作品の値段の付け方

アート作品の価格はワインや株と似ています。
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ